小3の息子のクラスに、行動に問題のある子がいて不安です[教えて!親野先生]

今週の相談

 

入学時から、1学年1クラスです。クラスには、とても大変な児童が一人、他にも常に落ち着きがない子が二、三人いて、なかなか授業が進みません。その大変な子の母親がその子のために(?)心身症になってしまったとのこと。父親も学校では子どものことで一応謝罪するのですが、家に帰るとそのことで子どもにあたり、暴力をふるうこともあるそうです。その子は、常に自分を見られたがり、先生や他児童の注意を引くために歩き回り、理由もなしに物でたたいたり、蹴ったりします。自分のことをみんな要らないんだ! 死ねばいいんだ! と教室のベランダから飛び降りようともするそうです。コンパスを投げたり、給食の時間に箸で気に入らない子の目ギリギリに刺したりしたこともあります。担任も毎年変わるので、振り回される子どもたちは落ち着きがなくなるばかりで、このまま6年生までこの状態でいるのは不安でたまりません。何か解決策がありましたらよろしくお願いいたします。(poohさん)

 

【親野先生のアドバイス】

poohさん、拝読いたしました。

1学年1クラスで、そのなかに落ち着きのない子が合わせて三、四人ということなので、かなり大変ですね。理由もなしに物でたたいたり蹴ったり、ベランダから飛び降りようとしたり、コンパスを投げたり、箸で気に入らない子の目のギリギリを刺したりなどという状況では、とても心配です。

これは、とても危険な状態です。こういう状態では、いつ誰が大けがをしても不思議ではありません。そうなる前に、早急に打てる手を打つ必要があります。とにかく、子どもたちの安全を守ることが最優先だと思います。

クラスにもう一人の先生が入って二人体制で進められれば、かなり違うと思います。一人の先生より二人の先生のほうが、はるかによく目が届くようになります。危ない状況にも気付きやすくなります。

また、先生と話したり触れ合ったりする機会が増えるので、子どもたちも落ち着いてきます。もう一人の先生の常駐が無理なら、できるときだけでも二人にするといいと思います。

まず、それを学校に依頼することをおすすめします。そして、そのとき、子どもたちの安全確保上に大きな問題があることを強調することが必要です。実際にかなり危ないことが既に起きていて、これからも起きる可能性は高いのですから。

学校側としても、これが一番気がかりなのですから、かなり効果があると思います。このように強力に要望すれば、実現する可能性があります。

とはいっても、公立の学校で人的な余裕がある学校などひとつもないというのも事実です。 学校側としても、そうしたいのは山々だけど実現は難しいという場合もあると思います。
そういう場合は、親たち自身が持ち回りで、または、できる人がクラスにどんどん入っていくことです。とにかく、複数の大人の目で子どもたちを見守ることが必要なのです。実際に、学級崩壊のクラスでこの方法をとり、効果を上げているところもあります。これはすぐにでも取り組めますので、こちらから始めた方がいいかも知れません。

もう一つ、できるだけクラスの中に危険なものを置かないという配慮も必要になります。

カッターやコンパスなどは、使うとき以外は先生がまとめて預かっておくようにするといいのです。完璧にはできませんが、やらないよりははるかに安全です。


ところで、以上はクラス全体のことですが、学校からのその子と親への配慮と指導も当然必要になってきます。父親の暴力も、この子が荒れる原因の一つでしょう。それは、絶対に止めなければなりません。

父親の暴力については、学校は知っているのでしょうか? もし知らなくて、クラスの親たちだけが知っているなら、すぐに学校に知らせてください。これは、絶対に必要です。児童虐待の可能性もありますから。というより、すでにこれは児童虐待です。

「児童虐待の防止等に関する法律」によると、児童虐待とは「児童の身体に外傷が生じ、または生じるおそれのある暴行を加えること。」と定義されていますから。

そして、学校はすぐに児童相談所へ知らせなければなりません。同法律には、児童虐待を発見した者の児童相談所などへの通告義務が明記されていますから。もちろん、学校でなくてクラスの親たちが知らせてもいいのです。

この子の場合、なんとしても父親の暴力をやめさせなければなりません。それでなければ、ますますこの子は追い詰められていくことになります。それでは、この子がかわいそう過ぎます。

さらに、この子の場合、専門家による診断と治療も必要でしょう。これも学校からの働きかけが求められるところです。

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。少しでもご参考になれば幸いです。poohさん親子に幸多かれとお祈り申し上げます。

プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A