10年間下船できない船に乗る覚悟が必要

ここ数年、教育費に関する質問を受ける機会が増えている。たとえば、「我が家の年収は600万円ですが、私立中学校に行かせても大丈夫ですか?」「私立中学校に入れた場合、お金の面で注意しなければならないのは、どんなことですか?」などは、よくある質問だ。

個人的には、私立の中高一貫校に通わせることを、金銭面だけで判断すべきではないと考えている。お金の面で苦労しても、子どもの将来のために通わせたいと願う家庭は多いからだ。しかしながら、私立の中高一貫校への進学を希望する家庭の年収が下がってきていることも事実で、そのため東京ではこの1、2年、公立の中高一貫校の人気ぶりが受験熱に拍車をかけているようにも感じている。

実際に、年収が500万円から600万円の家庭で私立中学校に行かせることは無理ではないが、入学してからのやりくりはかなり大変になる。さらに問題なのは、教育費優先の家計になるため、大学を卒業するまでまとまった貯蓄がしにくくなること。教育費プランは、高校までは貯蓄を崩さずに通えるコースを選ぶのが原則なのに、中学時代から貯蓄を崩していると、大学を卒業したころには、貯蓄が底をついてしまう家庭もでてくるはずだ。収入面で余裕がない家庭で中学校から私立に進学することを願うなら、10年間港にたどり着かない船に乗るのと同じだということを自覚しておく必要があるだろう。

入学金や授業料だけを見れば、何とか負担できそうな気がしても、通学などにも費用がかかるし、寄付を拒否できない学校もある。制服代や学校の指定品代なども公立より高めだし、休日の友達との付き合いにもお金がかかる。私立中高一貫校の場合、高校生になってもアルバイトが禁止されている学校が多いので、「携帯電話代くらいはアルバイトで稼いでほしい」といったことも難しいだろう。

また、私立中高一貫校に進学すれば、塾代がかからなくなるから公立中学校に行くのとあまり変わらないといった話も聞くが、現実にはそうとも言いきれない。学校の勉強についていくために、私立中学校に通いながら塾通いするお子さまはたくさんいるし、家庭教師をつけているお子さまも少なくない。要は、自分の子どもの学力によって、入学後のお金のかかり方も変わってくるため、甘い言葉をうのみにするのは危険なことだと理解しておこう。

お金の面では、どうしてもネガティブになりがちだが、私立中高一貫校へ進学すると、友人関係の生活レベルの最低ラインは保証される。たとえば「給食費を払えない家庭や、育児放棄をしている親がクラスにいる」などといったことに悩ませられる心配もない。6年の一貫教育のなかで、子どもがゆったりと学校生活を送れるという点も魅力だし、学内での競争だけでも地域の公立中学校に進学した場合より学力が身につくケースも多いだろう。

個人的なことだが、私自身も私立中高一貫校の出身で、我が家の長女も中学校から私立に進学させた。長女の場合は、中学校から私立に通わせるために、1歳のときに10年満期の養老保険に加入して、中学校の入学費用に備えた。高校や大学の入学時にはこども保険で備えている。受験のときは、お金のことを後回しにしがちだが、入学したら後戻りはできないので、入学前に大学を卒業させるまでにかかる費用を書き出して、教育費の捻出方法を具体的に検討しておくことをおすすめする。

プロフィール

畠中雅子

畠中雅子

大学時代よりフリーライター活動をはじめ、マネーライターを経て、1992年にファイナンシャルプランナーになる。新聞・雑誌などに多数の連載を持つほか、セミナー講師、講演、相談業務などを行う。著書は、「ラクに楽しくお金を貯めている私の『貯金簿』」(ぱる出版)ほか、70冊を超える。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A