7割の保護者が子どもの自転車運転に「注意力足りない」と不安抱く

7割の保護者が子どもの自転車運転に「注意力足りない」と不安抱くBenesse教育情報サイトでは、小学生を持つ保護者のサイトメンバーを対象に「お子さまは自転車の運転に不安はありますか? 回答の理由は?」というテーマで、オンライン投票を実施した(投票期間2012年2月/投票数2333票)。

 

***

 

子どもの自転車の運転に「不安なし」と回答したのは20.8%。「少し不安あり」は51.4%、「不安あり」は22.5%、「乗らない」は5.4%だった。「少し不安あり」と「不安あり」を足した割合は73.9%。つまり、7割以上の保護者が、子どもの自転車の運転に不安ありと感じているようだ。

お子さまは自転車の運転に不安はありますか?

では、「不安あり」と答えた保護者は、どういう理由でそう答えたのだろうか。以下のようなコメントが寄せられている。

 

「後ろを見ないで進路を変更したり、一緒に走っていると声がかれるほど注意するので見ていないときが恐ろしい」
「道を渡る時など、周りを見ないで渡ってしまう時があり、すこし心配です」
「注意力がたりないので、車にひかれそうです」
「男の子なのですぐにスピードを出したがる。曲がり角で左右確認もせず飛び出していったりすることがなかなか直らず怖いです」

 

子どもの注意力の足りなさを感じ、運転に不安を覚える保護者が多い模様。一方では、自動車の運転を気にする意見も。

 

「安全運転はできてますが、身体が小さい子どもは自動車の死角になることがあるので、当てられないか心配です」
「本人は、慎重なので、危険な運転はしませんが、家の周辺は細い道路なのにスピードを出して走る車も多く、ヒヤっとすることがあります」
「今住んでいる地区は小4からひとりで自転車に乗れます。いままだ2年生ですが、車が多い地区で大人でも去年1年で6人の自転車交通事故に出くわしました。本当に怖いです」

 

子どもが自転車の安全運転を心がけるのは当然だが、ドライバーも子どもが運転する自転車にしっかり気を配らなければならないだろう。

 

出典:【小学生】お子さまは自転車の運転に不安はありますか? -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A