女の子の保護者の悩み「ブラの時期」「父親と風呂いつまで」など

Benesse教育情報サイトは、女の子の子どもを持つサイトメンバーを対象に、女の子を育てるうえで「女の子ってどうしてこうなの?」と思うことについてアンケートを実施した(アンケート期間2011年11月/回答者数2620人、回答した保護者の約9割が女性)。

 

***

 

まず「あなたはお子さまを育てていて、『なんで女の子ってこうなんだろう?』と予想外だったり、不思議だったり、驚いたりしたことはありますか?」と質問をしたところ、「よくある」が10.0%、「まあある」が38.4%、「あまりない」が44.4%、「まったくない」が7.3%だった。5割弱の保護者が「なんで女の子ってこうなんだろう?」と感じたことがあるという結果。回答者の9割が女性だったということで、女の子の子育てにおいて、驚く機会は比較的少なかったということだろうか。

 

具体的に「なんで女の子ってこうなんだろう?」と感じた事柄については、以下のような回答があった。

 

「感情の浮き沈みが激しいところ」(小4の保護者)
「友達との付き合い方。たとえば、うちの娘は2人で遊ぶよりも、何人かのグループで遊ぶことのほうが圧倒的に多いのですが、グループ内の人間関係にいつも気を遣っているようです。自分が少数派になることを嫌がるというか、恐れているらしく、ときどき『人数が奇数だと難しい』などと言います」(高校生の保護者)

 

また、「女の子だからこそ困っていること、ほかのサイトメンバーや専門家に聞いてみたいことがありましたら、お書きください」という質問では、女の子を持つ保護者たちが抱いている悩みが浮き彫りになった。

 

「何歳くらいまで父親と一緒にお風呂に入っていましたか?」(小3の保護者)
「生理については、ご家庭でいつごろ話しましたか? それとも家庭では触れず、学校に任せるべきでしょうか?」(小3の保護者)
「娘が小学生のころ、ブラジャーをつけさせるタイミングについて迷いました。わたしは自分から親に頼んで買ってもらったのですが、親に言うときはとても恥ずかしい思いをしました。娘には自分と同じ思いをさせたくなかったので、わたしから声をかけようと考えていたものの、いざとなるとなかなか言い出せませんでした」(大学生の保護者)
「リビングでパンツが見えるような格好で座っていたり、お風呂上がりに裸でうろうろしたりと、お行儀が良くありません。もう高学年なんだから、少しは女性としての身だしなみを考えてほしいです」(小5の保護者)
「父親との関係。仲良くじゃれ合っていることがあるかと思えば、しばらく口をきかないこともあります。異性を意識しはじめる年頃のためか、娘は父親と素直にコミュニケーションがとれないようです」(中2の保護者)
「仲良しのグループがあるのですが、もしも仲間外れにされたりしたら、親としてどう対応したらよいかがわかりません」(小5の保護者)

 

性に関する問題、思春期ならではの父親とのコミュニケーションの問題、そして学校での友人関係などで悩んでいる保護者が多かった。

 

出典:女の子の保護者は「友達づきあい」が心配!? -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A