いつから?何年分?志望大の過去問に関する疑問を解消!

志望大の過去問はいつから解いた?何年分解いた?を大学生にリサーチ

志望大の難易度や出題傾向を知るためには過去問を解くことが必要。でも、一体いつから、何年分解けばいいの?と疑問に思っている人も多いと思います。

そこで、先輩大学生に過去問についてリサーチをしてみました。

9月までに約半数の先輩が、過去問を解いていた!

先輩のアンケートデータを分析してみると、約半数の先輩が、9月までに志望大の過去問を解いていることがわかります。8月までに取り組んでいる人は、全体の4割弱という結果でした。

なるべく早めに志望大の過去問を解き、入試傾向を把握して対策を立てることは今後の受験勉強においてとても大切です。しかし、夏休みの間はまだ基礎固めを重視した勉強をしており、過去問まで手が回らない、という人もいるでしょう。

そんなあなたは、過去問に一度目を通すだけでもOK。

出題形式や問われるレベル、内容をざっと知るだけでも、その後の対策や勉強内容を改善する際の目安になりますし、「もっと頑張らなくては」とモチベーションを上げるきっかけにもなるはずです。
過去問は3~6年分解いている先輩が多数!

続いて気になるのが、過去問を何年分解いたのか? こちらもデータをとって調べたところ、最も多いのが3~4年分を解いた人で4割。次に多いのは5~6年分で2割でした。

やはり合格した先輩たちも志望大の傾向をつかむために、少なくとも3~6年分は解いていたことがわかります。なかには10年分以上解く人もいるようです!

志望大の出題傾向や時間配分、自分が苦手な形式を分析し、解答の戦略を綿密に立てることは、本番で実力を発揮するためには必ず必要です。

志望大の過去問はいつから何年分解くか、しっかりと考えておきましょう。

文/進研ゼミ高校講座 受験情報担当 町田

プロフィール

進研ゼミ高校講座

1969年以降、50年以上にわたり自宅学習用教材として多くの高校生に愛用されている通信教育。
高校別の授業・テスト対策教材や約200大学、9万問の入試分析から生まれた志望大レベル別プランが特徴。
着実に基礎力の積み上げができるテキスト教材、記述力を引き上げる赤ペン先生指導の添削課題、学校の予習復習や暗記の効率化に役立つアプリも魅力。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A