医学部志望のキミに! 医学部入試の基礎知識

近年、医学部をめざす高校生が増えています。医学部入試は一般的に難易度が高いことが知られていますが、それ以外にも他学部にはない特徴があります。この記事では医学部入試の基礎知識について解説します。


医学部の入試では高い得点率が求められる

 医学部入試が、あらゆる学部系統の中で最も難易度が高いといわれています。その理由の1つとして、求められる得点率の高さが挙げられます。例えば、2015年度入試における千葉大の医学部医学科(一般・前期)の合格最低得点率は約72.8%。同大学の他学部の場合、60%前後の学部が多く、医学部医学科で求められる得点率が非常に高いことがわかります。しかも、この数値は合格者の最下限値。安全圏に入るためにはセンター試験で90%前後、2次試験で70%程度の得点をめざす必要があるでしょう。

 

また、医学部は他の学部系統と比べて、倍率が高い傾向が見られます。定員に対して多くの受験生が志願するということは、わずかな得点差が合否に影響する可能性が高いということ。苦手科目での失点が決定的な差になり得るので、いかに苦手科目・苦手分野をなくしていくかが重要になります。

 

 

他学部と比較して、医学部では面接や小論文が課される場合が多い

 国公立大の医学部入試は、多くの場合、2次試験で面接が課されます。この背景には、医師としての倫理観や人間性、適性を重視したいという大学側の考えがあるようです。それに加えて、「将来、医師として医療現場に立つ時に、他の医療スタッフや患者とのコミュニケーションが重要になるから」という理由もあるでしょう。

 

面接では「志望理由」や「卒業後の進路」「医師としての倫理観についての考え」「医療に関する社会問題に関する考え」などがよく問われます。大学によってはグループ面接や集団討論の形式で行われることもあります。

 

また、中には推薦入試や後期日程で小論文を課す場合も。小論文で出題されるテーマとして、先端医療分野のテーマ(例:臓器移植やヒトゲノム)や、医師としての倫理観を問うテーマ(例:ターミナルケア)、医療に関連した社会問題に関するテーマ(例:少子高齢化、へき地医療)などが挙げられます。どのようなテーマでも、深い知識と高い理解度を問われます。

 

 

医学部の定員は増加傾向にあるが、厳しい倍率は変わらない

 近年、政府の方針によって、医学部の定員が増えています。2007年度には約7600人だった全国の医学部の定員が、2015年度には約9100人まで拡大しました。この背景には、地域医療に従事する医師の不足や小児科医・産科医の不足を解消する目的があります。そのため、増加した定員の多くは、医師になった後、指定された地域で一定期間勤めることが条件になる「地域枠」です。

 

医学部全体の定員が増えているため、一見するとハードルが下がったような印象を受けますが、一般入試の定員はあまり増えていないうえに、医学部志願者は増えています。医学部に入りやすくなったというわけではないのです。

 

 

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A