国公立大の一般入試とはどんなもの? 効果的な学習方法が知りたい!

国公立大の一般入試とはどういうものなのでしょうか? 効果的な学習法をお伝えします。


国公立大の一般入試とは?

 国公立大の一般入試の流れは、センター試験後に志望大に出願し、各大学の2次試験(個別学力検査)を受験した後、二つの総合点で判定されます。
 2次試験は各大学が前期日程、後期日程の二つの日程に分けて入試を行う「分離・分割方式」で実施されます。受験生は、前期と後期で出願校を変えてもいいですし、同じ大学を続けて受けることも可能です。また、一部の公立大では中期日程を設けているため、最大3回の受験チャンスがある場合も。
 ただ、前期日程で合格した大学に入学手続きを済ませると、中期・後期日程の受験資格はなくなります。
 基本的には前期日程の募集人員が多く、後期試験を廃止・縮小する大学も増えているため、単純に「2回チャンスがある」と約束されているわけではありませんので注意が必要でしょう。

 

効果的な学習方法とは?

 一部の大学では、センター試験の成績が基準を満たさないと不合格とする「二段階選抜」を採用しています。このシステムを採用していない大学でも、センター試験で1科目でも取りこぼしてしまうと、合否に大きく影響する恐れがあるため、いずれにせよ国公立大受験の場合はセンター試験対策をしっかり行っておく必要があります。

 また、2次試験では多くの国公立大が記述式試験を行うため、お子さまには問題集の答えを丸暗記するのではなく、「なぜこの答えになるのか」という経緯や理由を考えるくせをつけさせておきましょう。

 

 センター試験と2次試験の配点比率は、大きく四つのパターンに分けることができ、それによって重点を置くべき対策も変わります。

 

(1)センター試験重視型

 センター試験で得点を取りこぼさないよう、基礎をしっかり固めておく。

 

(2)ほぼ半々型

 苦手科目を作らないようにしつつ、2次試験科目の記述対策に力を入れる。

 

(3)2次試験重視型

 記述対策に力を入れつつも、このタイプの大学・学部は二段階選抜を実施する場合も多いため、センター試験でも高得点を狙うことが大切。

 

(4)傾斜配点型

 特定の科目の配点が高いことから、その科目が得意な受験生同士の戦いとなるため、そこで高得点を狙うだけでなく、苦手科目を強化してライバルと差をつける。

 

 何に力を入れるべきか分析することで、効果的な学習ができるでしょう。

 

参考:

国公立大一般入試の基礎知識と学習プラン|入試|Benesse マナビジョン 保護者版

https://manabi.benesse.ne.jp/parent/nyushi/02/
https://manabi.benesse.ne.jp/parent/nyushi/02/page2.html

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A