中高一貫校を徹底解剖!関東共学編(筑波大学附属中、お茶の水女子大学付属中、渋谷教育学園幕張中)

 お子さまの中学受験を考える場合、中高一貫校を志望する保護者のかたも多いと思います。この記事では、『首都圏・共学校編』として、筑波大学附属中(国立・東京)、お茶の水女子大学付属中(国立・東京)、渋谷教育学園幕張中(私立・千葉)の3校の入試データと出題傾向をご紹介します。

 

 

監修は森上教育研究所の森上展安先生です。データは森上教育研究所スキル研究会による『中学受験はじめての学校ガイド2015』(ユーキャン/自由国民社)から引用しています。


■筑波大学附属中

【2013年度入試データ】

 偏差値:男子68 女子70

 受験者:男子198人 女子203人

 合格者:男子40人 女子40人

 倍率:男子5.0倍 女子5.1倍

 配点、合格者最低点は非公表。

 配点の比率は国語・算数各10、理科・社会各5、音楽・図工・家庭科各2、体育3

 

【問題の特徴】

国語:放送による聞き取り問題(解答は選択式)に続いて、論説文・物語文・随筆分のうちの2つを題材とする読解問題が出されます。記述問題が1〜2問出されますが、ほかはほとんどが選択問題です。

 

算数:比と割合、速さ、規則性、数の性質、平面図形、立体図形など、あらゆる分野から出題されます。特殊算は、あまり複雑ではないもの(旅人算、平均算、和差算など)が出されているようです。

 

理科:実験・観察・観測をもとにした問題が、各分野からバランスよく出題されています。設問数は少なめですが、1問にいろいろな内容が詰め込まれているため、読解力が求められます。

 

社会:地理・歴史・政治の各分野から、かたよりなく出題されます。グラフや写真などの資料が多く使われ、また理科と同じく1問にいろいろな内容が詰め込まれています。

 

 

■お茶の水女子大学付属中

 中学校は共学ですが、併設高校は女子高です。そのため、男子は全員高校受験をします。

 

【2013年度入試データ】

 偏差値:男子50 女子69

 受験者:男子27人 女子199人

 合格者:男子20人 女子40人

 倍率:男子1.4倍 女子5.0倍

 配点、合格者最低点は非公表。

 

【問題の特徴】

国語:大問1は聞き取り問題です。放送を聞いて、質問に答えたり、作文を書いたりします。そのあとに長文読解問題、知識問題が出ます。難易度は標準的な問題が多く、解答形式も選択式が多いです。

 

算数:小学校の学習範囲を超えた出題はありません。ただし、コンパスや三角定規を使った作図問題や、定規で長さを実測して面積を求める問題など、特徴的な問題が出されます。

 

理科:選択問題が中心ですが、計算問題や作図問題も見られます。標準的な問題が多いですが、単なる知識ではなく科学的な思考力を必要とする問題もあります。

 

社会:地理・歴史・公民の融合問題が出されます。知識問題よりも、地図・年表・グラフなどの資料を読み取って、考えて記述する問題が多いようです。時事問題は、日本国内の新しい制度や、国際連合関連の世界会議などから、よく取り上げられます。

 

 

■渋谷教育学園幕張中

【2013年度入試データ】

 偏差値:男子69 女子70

 受験者:男子1319人 女子501人

 合格者:男子609人 女子170人

 倍率:男子2.2倍 女子2.9倍

 配点:(350点満点)

 国語100点

 算数100点

 理科75点

 社会75点

 合格最低点:178点

 ※データはいずれも1次試験のもの

 

【問題の特徴】

国語:論説文と物語文の長文読解が1題ずつ出題されます。文章量が非常に多いので、速読力が必要です。記述問題は50字程度のものが3〜4問あるので、時間配分にも注意が必要です。

 

算数:年度によって出題に差がありますが、図形、数列や規則性、場合の数などはよく出ます。また、コンパスと三角定規を使用する作図の問題と、グラフの読み取り・書き入れの問題が出題されます。

 

理科:数値やグラフの変化を読み取る力が必要です。難度が高いので高得点は望みにくいですが、わからない事柄でも食らいつく姿勢が必要です。

 

社会:地理・歴史・公民の分野にかたよることなく出題され、総合問題、時事問題が出ることもあります。設問数が多く、説明文や資料も多めなので、スピードが求められます。また記述問題の分量も多いので、十分に練習しましょう。

 

 

この記事を参考に、「わが子(自分)にあった学校はどこか」「合格するためにどんな対策が必要か」を、親子で話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

→小学3~4年生向けの具体的勉強法はこちらの記事へ

/juken/201412/20141222-1.html

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A