2015年度 センター試験 時間割を確認しよう!


2015年度 センター試験の時間割が発表。理科基礎科目は一気に2科目の解答が必要

 2015年度の大学入試センター試験の時間割が発表されているが、もう確認をしただろうか。前年から変わったのが新課程となる2日目の理科の時間割だ。文系志望者は「基礎2科目」が必要になる場合が多いため、午前9:30から、数学②が終わる14:40までが試験時間となる。理系志望の場合は「専門2科目」が中心となるため、11:20〜17:40と夕方までの入試となる。教育学部・理系など「基礎2科目+専門1科目」で受験する場合は、専門科目を16:40から受験するため、数学②から2時間程度空きができる。待ち時間の有効活用を事前に考えておきたい。


今回一番の注目ポイントは、理科の基礎は2科目を60分間で一気に解答する時間割になっている点だ。「地歴公民」や「理科専門科目」で2科目受験する場合のように途中で第1解答科目の解答用紙の回収がない。つまり、自由に2つの科目の時間配分を考えることができる。戦略としては得意な科目から取り組み、なるべく短時間で解き切った後、2科目めに時間をかけ、時間が余ったら1科目めの見直しをする、という解き方がよいだろう。
さらに、2科目分の解答を1枚の解答用紙にマークすることも特徴だ。2つの科目の解答欄が近いので、どちらにどの科目の解答をしているのか、混乱しないように注意したい。

また、理科専門科目や地歴公民で、「2科目受験してどちらか高得点の科目を採用してもらおう」と考える受験生も多いが、事前に志望大の入試要項を十分確認しておく必要がある。なぜなら、高得点科目ではなく、試験時間の途中で回収される第1解答科目の成績を利用する大学が多いからだ。どの科目を先に解くのか、戦略を立てておくことが重要だ。実戦演習をするなかで、考えておこう。



「合格サポートNews」で、さらに受験に役立つ情報を手に入れよう

http://shinken.zemi.ne.jp/news/


文/進研ゼミ高校講座 受験情報担当 西村

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A