英語教育が変わります!親世代と違う、中学英語の4つの変化とは

「聞く」「話す」が中心の小学英語と異なり、「読む」「書く」が中心だった従来の中学英語。
2021年度から全面実施される新学習指導要領によって、中学英語も「聞く」「話す」をより取り入れ、英語4技能をバランスよく伸ばしていく方向に変わります。
どのように変わっていくのか、「授業」「学習内容」「テスト」「高校入試」の4つの観点でご紹介します。

【英語教育改革で「授業」はこう変わる!】英語の授業は英語で!

2021 年度以降の授業では、先生と生徒が英語でやりとりするなど、英語で行うことが基本となる予定です。
「聞く」「話す」といったコミュニケーションも重視されるようになるので、小学英語から中学英語へのつながりがスムーズになり、生徒のつまずきも少なくなると予想されます。

【英語教育改革で「学習内容」はこう変わる!】中学で学習する単語や文法が増える。

新学習指導要領では、中学で学ぶ単語や文法の量が増えることになっています。
でもそれは、英語を話す素地として必要なものだから。
ただ暗記するのではなく、あくまで英語を「使う」上で欠かせないものとして学習することになります。
【中学で学習する単語数が増加】1200 →1600 ~ 1800
【中学で学ぶ文法項目が増加】例えば現在は高1で学ぶ「現在完了」を、2021 年度からは中3で学ぶようになります。学習内容の増加にともない、教科書のページ数も増えることが予想されます。

【英語教育改革で「テスト」はこう変わる!】「聞く」「話す」のテストも!

定期テストでも「聞く・読む・話す・書く」力が問われるようになるため、筆記テストと合わせて「スピーキングテスト」を行う学校が増えてきています。
また定期テストの内容も、読み取ったり聞き取ったりした内容を使って判断したり、自分の意見を表現したりする力が求められると予想されます。

【リスニング問題】聞き取った内容をとらえた上で自分の意見を考え、英文で表現する問題に変化!
【長文問題】グラフや短文、長文など複数の資料から情報を読み取って答える問題に!

【英語教育改革で「高校入試」はこう変わる!】英語は4技能を測定されるものに。

高校入試も、英語は「聞く・読む・話す・書く」の4技能が問われる内容に変わる可能性があります。
東京都ではスピーキングテストの導入が検討されており、今後はほかの都道府県へ広がっていくことも考えられます。また筆記試験でも、知識を使って考える出題が増加傾向にあります。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A