大阪発! 英語能力試験活用で高校入試に変革、全国に広がるか?

大阪発! 英語能力試験活用で高校入試に変革、全国に広がるか?大阪府教育委員会は府立高校の入試に、受験生がTOEFL®など外部の英語能力試験の成績を活用できるようにする方針を決めた。都道府県単位で導入するのは初めてのケースである。この方針が「全国に広がるかもしれない」と言う、教育ジャーナリストの渡辺敦司氏が解説する。

 

***

 

府教育委員会によれば、これまで通り受験者全員にペーパーテストを課すことに変わりはないものの、TOEFL®など3種類の外部試験の成績を事前に申し出ておけば、それが英語の得点として換算され、当日のテストの得点と比べて高いほうを合否判定に使うことができるようになります。どの府立高校でも活用できますが、府教委は、「グローバルリーダーズハイスクール」(GLHS)や国際関係学科設置校でTOEFL®向けの英語教育を行うことも決めており、主にこうした高校の受験生を想定しています。

 

学習指導要領では英語について、聞くこと、話すこと、読むこと、書くことの4つの技能をバランスよく育成することを目指していますが、実際の学校の授業に大きな影響を与える入試のペーパーテストではどうしても、読むこと、書くことの2技能を測ることが主になってしまいます。大阪府教委は、そうした状況を変えるための一つの方法として高校入試という面からアプローチしようとしているわけです。

 

これからの英語の授業はコミュニケーション能力の育成が主眼になります。そのためにも今こそ、明治維新以来といってもよい読み書き偏重を改め、聞くことや話すことも含めた4技能をバランスよく育成して、「使える英語」を目指す必要があります。その際、大学も含めて「入試を変えること」も、一つの有効な手段だと考えられるようになってきているのです。

 

出典:大阪府立高の入試にTOEFL、なぜ? -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

\親子のワクワク体験応援キャンペーン/

アプリ無料ダウンロード+お子さまの情報登録で『鬼滅の刃』グッズやユニバーサル・スタジオ・ジャパン 1デイ・スタジオ・パスが当たるキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:2021年9月30日(木)~11月30日(火)

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A