海外からの帰国・来日での不安は進学や受験と生活習慣!

アンケート期間 2011/08/17~2011/08/23 回答者数:663人
アンケート対象:本サイトメンバー 小1~中3の子どもがいる保護者

※百分比(%)は小数点第2位を四捨五入して表示した。四捨五入の結果、各々の項目の数値の和が100%とならない場合がある



今回のテーマは、海外から日本への帰国・赴任について。お子さまをお持ちで、海外在住経験のあるかたに、アンケートにご協力いただきました。
帰国にあたって、何に不安や疑問を感じたか、またどのような情報を求め、どのような方法で集めたかなどをお聞きしています。これから海外にいらっしゃる、あるいは海外から日本にいらっしゃる予定のある保護者に向けてのアドバイスやメッセージもご紹介しています。



海外からの帰国・来日での不安は進学や受験と生活習慣!

「最初から子どもと一緒に帰国」が大半!

まず、海外から日本に帰国・赴任した経験の有無と、その帰国・赴任の際にお子さまを帯同したかどうかについてお聞きしました。

【図1 あなたは今までにお子さまのいらっしゃるときに海外→日本への帰国・赴任を経験されましたか? ※お子さまを帯同するかどうかは別としてお答えください】

図1 あなたは今までにお子さまのいらっしゃるときに海外→日本への帰国・赴任を経験されましたか? ※お子さまを帯同するかどうかは別としてお答えください


【図2 図1で「経験した」と回答したかたにお聞きします。その経験は以下のどれに当てはまりますか? ※一番最近のことについてご回答ください】

図2 図1で「経験した」と回答したかたにお聞きします。その経験は以下のどれに当てはまりますか? ※一番最近のことについてご回答ください

今回の調査では、「海外から日本への帰国・赴任を経験したことがある」という保護者は全体の約4割(図1参照)。そして、そのうちの約8割の保護者が、「最初から子どもを帯同した」と答えています(図2参照)。保護者が最初からお子さまを連れて行くケースがほとんどであることがわかります。
日本から海外への赴任を経験されたかたへのアンケート結果の図2で見たように、日本から海外への赴任では、最初から子どもを帯同するケースは7割弱であり、先に保護者の一人だけが赴任したあとに子どもを呼び寄せるケースが1割以上ありました。海外から日本への帰国・赴任との大きな違いと言えるのではないでしょうか。


「帰国後、日本の勉強についていけるだろうか……」といった不安多し!

次に、海外からの帰国・来日にあたって、保護者がお子さまの教育や生活に対してどの程度不安・疑問を感じていたかを伺いました。海外からの帰国・来日に対する、保護者から見たお子さまの反応もお聞きしています。

【図3 帰国・来日前に、お子さまの教育・お子さまの生活についてどの程度不安・疑問がありましたか?】

図3 帰国・来日前に、お子さまの教育・お子さまの生活についてどの程度不安・疑問がありましたか?


【図4 帰国・来日にあたって、主にどのような情報を得たいと思っていましたか? あてはまるものをすべてお選びください】

図4 帰国・来日にあたって、主にどのような情報を得たいと思っていましたか? あてはまるものをすべてお選びください


【図5 帰国・来日にあたっての主な情報入手先は以下のどれにあてはまりますか? あてはまるものをすべてお選びください】

図5 帰国・来日にあたっての主な情報入手先は以下のどれにあてはまりますか? あてはまるものをすべてお選びください


【図6 帰国・来日にあたって、子育てや教育についての情報は事前にどの程度得られましたか?】

図6 帰国・来日にあたって、子育てや教育についての情報は事前にどの程度得られましたか?

今回のアンケートでは、「海外からの帰国・来日にあたって、子どもの教育や生活に対して不安・疑問を感じていた」という保護者は、約46%でした(図3参照)。日本から海外への赴任を経験されたかたへのアンケート結果の図4で見たように、日本から海外への赴任にあたって「子どもの教育や生活に対して不安・疑問を感じていた」という保護者の割合は、65%以上。これに比べると、海外からの帰国・来日のほうが、子どもに関する不安を抱く保護者は少ないということになります。
もっとも、海外から日本への帰国・来日にあたって、「不安・疑問を感じなかった」という保護者は約38%であり、「不安・疑問を感じていた」という保護者の割合のほうが8ポイント以上高い結果になりました。つまり、海外から日本への帰国・来日であっても、お子さまについての不安を感じる保護者のほうが相当多いということになります。では、その不安とはどのようなものでしょうか。 ※()内のお子さまの年齢は、日本への帰国・赴任時現在です。

●英語圏の国から帰国し、子どもは編入試験を受けて今の高校に入りました。英語力は本場仕込みで心配しませんでしたが、他教科、特に国語の古文や漢文は、授業についていけるかどうかが気がかりでした。また、親も大学受験についての知識がなく、子どもをどれだけサポートできるだろうかと不安でした(高2の保護者)

●上海に約6年いました。長男の高校進学のために帰国したんですが、長く日本を離れていたため、日本の高校生と共通の話題があるかどうか、うまく交友関係を築けるかといった不安がありました(中3の保護者)

●帰国した時期が、日本の学校だと学期の真っ最中。だから編入先を見つけるのが大変でした。また、海外生活が長かった子どもが、日本の学校生活にスムーズになじめるかどうかが気がかりでした(中3の保護者)

●子どもが小1になる年に海外へ行き、帰国したのは小6。小学校生活の大半を外国で過ごしてきた我が子が、日本の学校生活になじめるか、日本で友達ができるか、とても心配しました(小6の保護者)

●もともと、日本に帰ったら中学受験させたいと考えていました。ところが思いのほか海外赴任が長引き、帰国したのは子どもが小5になったとき。つまり、受験まで2年もなかったんです! 急いで情報収集を始めたものの、海外に赴任する前とはずいぶん仕組みが変わっていて、冷静でいなければならない親のわたしが慌てるわ焦るわで大騒ぎに。大変でした(小5の保護者)

●海外赴任の間に住んでいた地域の学校は、日本の学校ほど教育に力を入れていませんでした。そのうえ、周囲に塾がないんです! だから帰国して、子どもが日本の学校の授業についていけるかどうか不安でした(小5の保護者)

●日本で九九を習う時期から2年ほど海外に行っていまいました。もちろん海外で九九のようなものは教わったものの、言葉の壁があったためうちの子は十分には理解できずじまい。帰国して、九九をマスターしている友達がほとんどのなか、改めて九九を覚えるのは恥ずかしかったはずですし、ずいぶん苦労したでしょう。不幸なことに、帰国前にわたしが漠然と感じていた不安が的中してしまったんです(小3の保護者)

お子さまの学年に関係なくどの保護者にも目立ったのは、「日本の学校になじめるだろうか」「日本で友達ができるだろうか」「勉強についていけるだろうか」といった不安です。新学年が始まる時期や授業進度、受験制度など、勉強・教育面で海外と日本との違いを実感したという保護者も少なくありませんでした。
そうした保護者の不安は、帰国・来日にあたって得たかった情報を伺った図4にも現れています。「子どもの学校・進学についての情報がほしかった」という声が6割を超えてダントツでした。そして主な情報入手先は、「友人・知人」が約5割でトップ。「インターネット」「日本の学校・行政・支援組織など」が続きました(図5参照)。
「ほしかった情報を得られた」という保護者が6割近くを占めるものの、「不足していた」という保護者も2割近く(図6参照)。5人に1人が「情報不足」を感じていることになります。情報が十分に行き届いていないケースも少なくないことがわかります。


お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A