昔とどう違う? 最近の小学校トピックス

今時の小学校では、かつてのような一律の教育ではなく、自治体ごとにさまざまな取り組みが行われています。たとえば、「2学期制」や「少人数指導」「チームティーチング」や「ノーチャイム」などなど。
お子さまの通う予定の学校で実施されているかどうかチェックしてみましょう。


※アンケート結果:2009年8月実施ベネッセ調べ「チャレンジ1年生」会員のかた858人回答



知ってる? 「2学期制」

知ってる?「2学期制」1年間を10月で区切り、2つに分けたのが2学期制。3学期制に比べ、長いスパンで学習に取り組め、行事が減らせる分、授業時間にゆとりができるなどが実施のメリットです。逆に評価が2回しかないので、学力の到達度をつかみにくい、家族と予定が合わないなどの意見もあります。



知ってる? 「少人数指導」

知ってる? 「少人数指導」1クラスを半分、または少人数のグループに分け、それぞれに先生がついて学習する方法。限られた授業時間数の中で理解度を上げられるとして採用する学校も増えています。習熟度別のクラス分け指導をもう一歩進め、さらに理解度や進度に合わせてグループ分けしたもの。よりきめ細かく、効率的に授業を進めることができます。お子さまにとっても、学習に積極的に取り組みやすいという効果があります。



知ってる? 「英語授業」

知ってる? 「英語授業」総合的な学習の時間」などを活用し、歌やゲームなどで英語に親しむスタイルの授業を行う学校が近年すでに増えてきています。2011(平成23)年度からは5・6年生での外国語活動がスタートしましたので、低学年でもその準備としての国際理解などの授業がより一般的になると思われます。



知ってる? 「チームティーチング」

知ってる? 「チームティーチング」1クラスを2人以上の先生で学習指導や学習計画、評価などを担当するものです。40人学級などクラスの人数が多い学校での導入が多く、英語やパソコン授業に助手の先生が加わるのもチームティーチングと呼んでいる場合があります。



知ってる? 「教科担任制」

知ってる? 「教科担任制」すべての教科を担任の先生が担当するのではなく、教科ごとに違う先生が学習指導にあたることをいいます。担任の先生だけでない、いろいろな先生の目で見る、先生の得意分野を生かすなどの狙いもあるようです。



知ってる? 「ノーチャイム」

知ってる? 「ノーチャイム」授業や活動の開始、就業時間を告げるチャイムを鳴らさずに学校生活を行う取り組み。教室などの時計を見ながら行動することで、時間に敏感になり、自ら時間を守る姿勢を持つようになるのが狙い。すべてのチャイムをなくす、曜日によってノーチャイムデーを設けるなど、実施のしかたに幅はあります。

以上のように、最近ではさまざまな取り組みが学校や自治体ごとにされ、学校の特色のひとつとなっている場合もあります。お子さまが通う予定の学校での取り組みを知っておくと、お子さまのお話を聞いて「ああ、あのことだな」とすぐわかってあげられますし、何より学校の様子を理解しやすくなります。学校の説明会などでわかることもありますが、ホームページなどで見てみたり、先輩保護者のかたに様子を聞いてみたりするのも良いでしょう。


プロフィール

進研ゼミ小学講座

「進研ゼミ小学講座」は2020年新課程に対応して、リニューアル。基礎から応用までの学力向上はもちろん、自ら学ぶ姿勢を身につける。
学んだ知識を使って、自分なりの答えを導き出す。そんな体験を繰り返すことで、「自ら考え表現する力」を育んでいきます。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A