『英語できるもん おうちで楽しくバイリンガル』山本美芽著(ポプラ社)

お子さまの教育について悩んだ時、疑問に感じた時に手に取ってほしい……。とっておきの一冊をご紹介するコーナー。この本には、あなたにきっと役立つメッセージが隠されています。

英語できるもん―おうちで楽しくバイリンガル(単行本)山本美芽(著)ポプラ社 ISBN-10: 4591107612いよいよ小学校でも英語が始まります。
おうちでも、少しでよいから子どもを英語に触れさせて、親しませたいと考えていらっしゃる保護者のかたも少なくないでしょう。

でも、まず何からやったらよい?

この本では、そんなあなたに、今日から始められる取り組みを紹介します。

たとえば、英語が頭に入るお部屋作り。窓には「window」、ドアには「door」と紙を貼ってみる。

おやつの丸いビスケットを食べる前に、半分に割って縦に並べ、アルファベットのBを作ってみる。

靴を脱いで、というかわりに「Take off your shoes.」と声をかける。

どれも、アメリカにやってきた3歳の娘と私が、実際に現地の保育園に通いながら、アメリカの子どもたちの様子をまねして、我が家で実践してきたものです。

かなり苦労したこともありました。
一番困ったのは、まわりのアメリカ人が何を言っているのか、さっぱり聞き取れなかったことでした。
いまでも完璧に聞き取れているわけではありませんが、私も娘も、いまでは日常生活に困らない程度にはなっています。

どうやってリスニングの勉強をしたかというと、英語のテレビを見ました。
でも、いきなりアメリカのテレビを見ても、ちんぷんかんぷんでちっともわかりません。
わからないから見ないままでは、ずっと聞き取れないまま。

では、どうやって、英語のテレビに慣れたのでしょうか?

日本人向けの英語教材から始める、言葉のないアニメから入る、好きなキャラクターのものから入る、とにかく易しい赤ちゃん向けテレビから入るなど、いくつかの方法が考えられます。

英語に親しませていくために、英会話教室や親子留学など、プロの手を借りた環境作りも大事です。

でも、それよりまず、おうちの中に英語環境を作ってあげてください。
そのために、ぜひこの本を参考にしていただきたいと思います。

※この本は、「教育情報サイト」に連載されたコラム「Oh,my Gooodness!」をもとに「バイリンガルママに学ぶ英語の環境づくり」の章など、大加筆修正して一冊の本にしたものです。


おすすめトピックス

子育て・教育Q&A