お子さまが将来、英語をどのくらい使えるとよい?

アンケート期間 2008/6/11~2008/6/12
回答者数:1,310人(就学前 114人、小学生 742人、中学生 292人、高校生 108人、大学生 37人、その他17人)Benesse教育情報サイトメンバー
※百分比(%)は小数第2位を四捨五入して表示した。四捨五入の結果、各々の項目の数値の和が100%とならない場合がある。

国際化、グローバル化という言葉は今ではとても身近なものになりました。海外旅行が特別なことではなくなり、インターネットで世界中の人々と情報のやりとりをすることが可能になった今、英語は特別なスキルから現代に生きる者として必要な素養へと変わりつつあります。さらに2011(平成23)年には小学校で「外国語活動」が必修化されます。国際共通語としての英語の重要性が高まるなか、保護者は、子どもと英語の接点についてどのように考えているのかを調査しました。

過半数の子どもは英語が好き

最初に、子どもが英語に興味を持っているかどうかを聞きました。

【図1 お子さまは、英語に興味を持っていますか?】
お子さまは、英語に興味を持っていますか?

「とても好き」「まあ好き」の合計が50%を超えました。今回のアンケートに回答いただいたかたのお子さまは、比較的、英語好きと言えそうです。回答をお子さまの学齢別に見ると、高校生よりも中学生、さらに小学生と、下の学校になるほど、好きと答える割合が増えています。教科としての授業やテストが行われないうちだからこそ、英語が好きでいられるというのが現状なのかもしれません。

保護者の意識のグローバル化も進行中

社会のグローバル化が進むなか、保護者は子どもに英語をどれくらい使えるようになってもらいたいと考えているのでしょうか。

【図2 お子さまに、将来英語をどの程度使えるようになってほしいと思いますか? 近いものを選択してください】
お子さまに、将来英語をどの程度使えるようになってほしいと思いますか? 近いものを選択してください

最も多かった答えは、「個人的な海外旅行で困らない程度」でした。回答の理由をフリーアンサーでたずねたところ、「旅の楽しさを高めるために必要」と考える保護者が多数でした。「入試で困らない程度」では、「子どもがそれほど英語に強い関心を示していないが、せめて入試レベルくらいはできるようになってほしい」と考えている保護者が多いようです。

2番目の「仕事で海外出張や海外担当業務ができる程度」という答えは4分の1を占め、「海外赴任が可能で、日常生活、仕事でも大きな問題なく即戦力になれる程度」「英語での交渉、プレゼンテーションやマネジメントなどどのような場面でも対応できる程度」と回答した保護者と合計すると、4割を超えました。「国際化の時代、英語はできて当たり前」と考えている保護者も確実に増えているようです。

英語に親しませるには、まず音声から

では、子どもの英語への興味・関心を高めるため、保護者は家庭でどんなことをしているのでしょうか。

【図3 ご家庭でお子さまの英語への興味・関心などを盛り上げるためにさせていること・心がけていることはありますか? あれば、近いものをいくつでも選択してください】
ご家庭でお子さまの英語への興味・関心などを盛り上げるためにさせていること・心がけていることはありますか? あれば、近いものをいくつでも選択してください

「英語の歌を聴かせる」が最も多い結果となりました。さらに、「英語のTV番組を見せる」「英語学習のリスニングCDを聴かせる」「英語の映画やドラマを日本語字幕で見せる」が続き、音声や映像を通して英語に対する興味・関心を高めようとしていることがわかります。また、「その他」という回答の詳細を見ると、携帯ゲーム機の英語学習ソフトや通信教育講座などを利用しているケースも多く見られました。さらに、「海外旅行に連れていく」という保護者も。保護者は子どもに合った学習ツールや体験の場を、積極的に与えているようです。

海外留学に行くのは早くても高校生になってから

では、保護者の積極的な働きかけが功を奏して、子どもが将来、海外留学を希望した場合、どのくらいの学年であれば行かせてもいいと考えているかを聞きました。

【図4 お子さまが海外留学を希望した場合、どのくらいの学年ならば行かせてもいい、と思いますか?】
お子さまが海外留学を希望した場合、どのくらいの学年ならば行かせてもいい、と思いますか?

回答では、「大学生」が39.8%、次いで「高校生」が37.1%となり、中学生以下での海外留学を認める保護者を大きく上回りました。その理由を見ると、やはり学齢が下の段階での留学は安全面で心配とする答えが多く、さらに「学年にかかわらず行かせないと思う」と考える保護者(9.8%)もほとんどが「危険だから行かせない」と答えています。国際社会で生きていくためには英語は必要だが、留学するなら高校生以上という考えがまだまだ一般的なようです。

プロフィール

Benesse教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A