中学生の子どもに人気の部活は? その理由とは?

 中学生になると学校での部活動が始まります。いろいろな部活動があり、参加も自由ではありますが、小学生の頃のスポーツ少年団や習い事とは違う気持ちで部活の参加を考える子どもも増えることでしょう。また、学習も小学校とは力の入れようが違ってきますよね。高校受験に向けて、学習面の充実も必要になってくる中学生です。では、子どもたちはどのような部活に参加しているのでしょう。

プロが世界で活躍しているサッカーが人気!

【質問】
中学生の子どもが入部している部活は?

【回答数】
サッカー部:15%、バスケットボール部:12%、テニス部:10%、吹奏楽部:8%、野球部:7%、その他:48%

 アンケートの結果、サッカー部が15%と多い結果となりました。

・子どもの頃からサッカーが大好きで、ずっとスポーツ少年団でやっていたから。(30代/男性/会社員)

・テレビで多く放送されていることと、日本人のスター選手がたくさん海外で活躍しているからです。(30代/男性/契約派遣社員)

・友だちがたくさんやっているのと、やはり格好いいのが理由だと思います。(30代/女性/会社員)

回答理由としていちばん多かったのは、小学生や小さい頃からサッカーをしていて、中学校でも続けているという意見でした。1つのことを続けるということは、サッカーという競技が好きでやり続けていきたいという気持ちが強いことの表れです。海外で活躍する選手や試合中継をテレビで見る機会も多いことで、サッカーは子どもたちにとって身近なスポーツということなのでしょう。運動量も多いサッカーですが、男女問わず世界的に日本の選手が強くなってきていることも理由ではないでしょうか。

2位以降もスポーツ系の部活が人気!

 アンケートの結果、1位のサッカー部に次いで、バスケットボール部、テニス部の順となりました。

・小学校のときにスポーツ少年団でバスケットボールをしていて、もっと上手になりたいと、迷うことなく入部しました。(50代/女性/専業主婦)

・上の子どもがバスケットボール部だったので、その影響で下の子もバスケットボール部を選びました。(40代/男性/会社員)

・中学校に入って初めてテニスをする子が多かったのでテニス部に入部。野球やサッカーは小学校から続けている子ばかりだったのでやめました。(40代/女性/専業主婦)

・小学生の頃は野球をやっていましたが、団体競技が苦手だったため、ひとりでもできるスポーツとしてテニスを選びました。(40代/女性/会社員)

・部活に入っていません。水泳をしたいのでスイミングスクールに通っています。(40代/男性/会社員)

回答理由から、小学生の頃から続けてバスケットボール部に入ったという意見も多かったのですが、テニス部に関しては有名な選手や家族に影響されてという理由も見られました。部活を決める際に身近な人の影響というのは大きいようです。他の部活であっても、団体種目より個人種目を選んだという理由や文化系の部活を選んでいる子どももいます。部活に入っていないという意見は1人だけで、このことからも部活との両立をしている中学生が多いことがわかります。

中学生は学習と部活の両立をめざしている!

 アンケート結果にも表れていたように、中学生は学習だけに時間をかけて部活に入らないというわけではなく、部活も行って学習も同じようにがんばるという子どもが多いとわかりました。放課後は、それぞれが自分の好きな部活動に集中し、その中で先輩後輩の関係も学んでいくようです。自分の好きな部活動を選んで参加しているので、多少の練習のきつさはがまんができるのではないでしょうか。部活動の時間が終われば、自宅に戻り宿題など学習に取り組む姿がそれぞれあることでしょう。中学生は授業後の限られた時間を有意義に使いながら、学習と部活を両立させていることがわかる結果となりました。

【アンケートについて】
■調査地域:全国
■調査対象:お子さまをお持ちの保護者のかた
■調査期間:2016年01月05日~2016年01月19日
■調査手法:Webアンケート
■有効回答数:100サンプル

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A