どうして赤ちゃんは万歳をして寝るの?かわいいポーズの意味を知ろう

 赤ちゃんが万歳をして寝ている! かわいい! と思ったことがある方は多いはず。小さな手と腕が上に伸びていて、とてもリラックスしていますよね。手をお布団の中にしまっても、あとで見たらまた万歳になっている…さて、赤ちゃんが万歳の格好で寝るのは、いったいなぜなのでしょうか。

実は必要だった、万歳の格好で寝る理由

 赤ちゃんが万歳をして寝る理由には諸説あります。手足の力を抜ききって寝ているため。心身ともにリラックスしているから。内臓の働きを妨げないため、自然と身体に負担がかからない姿勢になっているから…などです。それぞれ納得できるものですね。

そして、最も注目したいのが「体温調節のため」という理由です。赤ちゃんはまだ大人のようにうまく体温調節をすることができません。大人であれば汗をかいたり、毛穴を閉じたり開いたりして、意識することなく体温を調節することができます。さらに、意識して厚着や薄着をすることもできます。

しかし、これらのことができない赤ちゃんは、体内にこもった熱を、手のひらを使ってうまく外に出そうとします。そう、「手のひらから放熱している」と考えられているのです。手のひらは汗をかきやすい場所ですし、外の温度にも敏感な場所。手のひらが温度センサーのような役割を果たし、赤ちゃんの熱が体内にこもってしまうのを防いでいるのです。

それなら、手だけをお布団から出すようにして寝れば…と思われるかもしれませんが、やはりそこはまだ小さな動作が難しい赤ちゃん。器用に手だけをお布団から出すのではなく、腕全部をお布団から出してしまいます。赤ちゃんにとっても気持ちのいい格好なのでしょう。

手が冷えてしまっても大丈夫。気になるなら室温調整を

 赤ちゃんの手は冷たく、特に冬場は万歳をして寝ていると、お布団の中に戻してあげたくなるものです。また、どんなに直してももとに戻ってしまい、気になるかもしれません。しかし、既にご説明した通り、万歳は体温調節のためにしている姿勢であり、赤ちゃんにとって気持ちのよい姿勢でもあります。温度センサーの役割を果たしているものをむやみに温めることや、リラックスの姿勢を直してしまうことは、あまりおすすめできません。

ミトンを使うという方法もありますが、手が届く場所に傷があり触って欲しくない、しもやけがひどいなどの理由がない限り、寒さ対策としては必要ありません。どうしても気になる場合には、室温の調整などで対応しましょう。体が冷えているかどうかは手を触るのではなく、おなかや背中に少しだけ触れて確認してみてください。手が冷たくても体は冷えていないことがほとんどです。おなかや背中が冷たい場合には、もう1枚衣類を着せるか、身体に掛けるもので調整しましょう。

実は機能的だった赤ちゃんの万歳。もうすこし成長しても万歳の姿勢は続きますが、頭と変わらない位置に小さな手が並ぶ様子はこの時期だけのもの。直す必要はありません、リラックスしているなあ、と、あたたかい目で見守ってあげてください。ちなみに、大人が万歳の姿勢で寝ている場合には、肩こりなどの心配があるかもしれません。赤ちゃんとは、ちょっと違うようです…。

子育て・教育Q&A