足がどんどん速くなる!かけっこトレーニング ~スタートダッシュ~

運動は苦手……というお子さまはいませんか? もし、お子さまが運動は得意でないというのなら、ぜひ「かけっこ」のコツを教えてあげてください。かけっこは、すべての運動の基本といえます。走ることへの苦手意識がなくなれば、それは本人にとって大きな自信につながるでしょう。

そこで、かけっこが苦手なお子さまでも「できた!」と実感できる、とっておきの練習方法をご紹介します。教えてくれるのは、元陸上競技選手で、男子200mハードルでアジア最高記録を樹立し、現在はプロ野球選手やJリーガーなど、さまざまなスポーツ選手に走り方の指導も行なっているスプリント・コーチの秋本真吾さんです。

スタートダッシュ

スタートダッシュは、最初に地面に着く一歩目の位置が大事なポイントです。足が自分の体より前に出ていたり、かかとが地面に着いたままだったりすると、素早く動き出すことはできません。

まっすぐな姿勢のまま、体を前に倒しましょう。前足は自分の体よりやや後ろに置いて、後ろ足はかかとを浮かせます。頭から足まで一直線になるようなイメージで。前足のつま先に体重を乗せます。この状態から動き出せば、素早いスタートダッシュが切れるのです。

かけっこではあまり長い距離を走らないため、スタートダッシュの時点で勝負がついてしまうことがあります。スタートダッシュに成功すれば、走ることに対して大きな自信を持つことができるでしょう。

力いっぱい走ろう!

最後に、今まで練習したことを思い出して、力いっぱい走ってみましょう。
走る時は、「まっすぐな姿勢を保つ」「足の着く位置を意識する」「つま先から着地する」この3つを忘れずに。最初のうちは短い距離を走るようにして、慣れてきたら少しずつ距離を伸ばしていきましょう。そのころにはもう、かけっこに対する苦手意識はなくなっているはずです。

走ることは、さまざまなスポーツに必要な運動能力を育てます。運動が得意になれば、やがて興味は他のスポーツにも広がり、チャレンジしてみたい気持ちが芽生えることでしょう。速く走れるようになることは、お子さまの未来を大きく広げていくことでもあるのです。

かけっこは、ちょっとしたコツをつかむだけで速く走れるようになります。ぜひ一度、お子さまと一緒に練習してみてください。


  • <動画>足がどんどん速くなる!かけっこトレーニング

プロフィール

秋本真吾

秋本真吾

元陸上競技選手。男子200mハードルでアジア最高記録を樹立し、現在はプロ野球選手やJリーガーなど、さまざまなスポーツ選手に走り方の指導も行なっているスプリント・コーチ。

子育てのお役立ちコンテンツ

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A