遊びが運動神経を高める? プレゴールデンエイジの過ごし方

「運動が得意な子に育ってほしい」と思うのが親心。運動能力を高めるためには「プレゴールデンエイジ」の過ごし方が重要になってきます。どんなふうに過ごせば、お子さまの能力を引き出せるのでしょうか。

プレゴールデンエイジとは?

プレゴールデンエイジとは、2〜3歳頃から小学校低学年くらいまでの発達が著しい時期のこと。ゴールデンエイジと呼ばれる、動きの巧みさを身につけるのに適したときの前段階で、この時期にさまざまな動きで神経を刺激しておくと、ゴールデンエイジでの成長を促せるといわれています。

2〜5歳くらいまでは、好きなことを思いきりやらせることが大事

2〜5歳くらいまでの幼児期は、神経系の発達が著しい頃。でも、まだまだ動きは荒削りです。簡単な動きを楽しく覚えさせるよう工夫してあげましょう。
かけっこやジャンプ、ボール遊びなどを通して、基礎動作や平衡感覚、空間認知力やバランス感覚などが養えます。この頃は好きな遊びをたくさんさせてあげましょう。「体を動かすことって楽しい!」と思わせることが大切です。

6歳くらいからは、高い集中力でさまざまな刺激を求める時期

6歳くらいから、体だけでなく心も大きく成長していきます。神経系もさらに発達するので、基本動作の精度が高まり、動きがかなりスムーズになってくるはずです。この頃は、高い集中力でさまざまな刺激を求め、脳と体に基本動作を刻み込んでいくそうです。興味が次々に移り変わるお子さまもいますが、集中力がないわけではなく、本能的な欲求が原因といわれています。温かく見守ってあげましょう。運動の中に遊びの要素があると、楽しみながら自発的に成長できていきます。

プレゴールデンエイジは一生に一度しかない期間。この時期に体を使ってたくさん遊ぶだけで、その後の可能性が広がるかもしれません。生活の中に運動の機会をなるべくたくさん取り入れていきたいものですね。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A