ベネッセ教育情報サイト公式アプリ アプリを入手
バナーを閉じる
最新の入試情報/セミナーをご案内 まなびの手帳アプリ

ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 高校理科

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

地学基礎 定期テスト対策【天気/災害・環境】なんで台風や強い低気圧で海水面が異常に上昇するんですか?

【天気/災害・環境】なんで台風や強い低気圧で海水面が異常に上昇するんですか?

台風や強い低気圧で海水面が異常に上昇する,とありますが,なぜ海水面が上昇するのかわかりません。
説明を読んでも「台風などの低気圧によって海水が吸い上げられる」という意味がよくわからないので,詳しく教えてください。

進研ゼミからの回答

こんにちは。 さっそく質問に回答しますね。

【質問の確認】

【問題】
次の空欄に適当な語句を記せ。

台風や強い低気圧によって海水面が異常に上昇することがある。この現象を(⑦)という。特に,奥の方が狭くなっている湾に対して台風や低気圧による風が吹き込むと(⑦)が著しくなり,大きな被害が出ることがある。

【解答】
たかしお
問題文中の「台風や強い低気圧によって海水面が異常に上昇することがある。」というところを詳しくご説明しますね。

【解説】

まず,「気圧」とは何なのかということから考えてみましょう。
「気圧」とは空気の重さのことです。意識することはありませんが、私たちがいる地表には空気が乗っていて、その重さは1cm2当たり1kgにもなっています。
ストローでジュースを飲むことができるのは,気圧のおかげです。
コップのジュースの表面に空気が乗っている状態でストローの中の空気だけを吸って減らすので,ジュースがストローの中に上がってくるわけです。

台風や強い低気圧の場合も,ストローの場合と同じで,中心付近は周囲より気圧が低い(=空気が少ない)ため,海水が盛り上がるわけです。
ストローと比較するほどではないだろうと思うかもしれませんが,気圧低下による海面上昇は,1hPaの気圧低下で1cmといわれています。
平均的な気圧は1013hPaですから,例えば950hPaの台風の場合は海面が63cm上昇することになります。

このような効果を「吸い上げ」といいます。
「吸い上げ」と,次に説明する「吹き寄せ」の2つが主な要因となって発生するのが,「高潮」です。

吸い上げ、吹き寄せの図
「吹き寄せ」は台風にともなう強風により湾の奥に海水が吹き寄せられる現象です。
特に水深が浅いと吹き寄せ効果が強くはたらき,湾の奥での海面上昇が大きくなり,浸水の被害が起きやすくなります。

高潮で大きな被害が出た伊勢湾台風では,吸い上げ効果で約70cm,吹き寄せ効果で約270cm海面が上昇したと見積もられています。

【アドバイス】

日本で見られる気象現象や気象災害については,季節ごとに正しく理解しておきましょう。
図を用いてメカニズムをノートに整理しておくと,後に確認するときにもわかりやすくて便利です。
今後も「進研ゼミ高校講座」を活用して,レベルアップをめざしましょう。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部