ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 高校理科

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

化学基礎 定期テスト対策【化学結合】イオン化エネルギー,電子親和力とイオンのなりやすさについて

【化学結合】イオン化エネルギー,電子親和力とイオンのなりやすさについて

なぜイオン化エネルギーが小さいと陽イオンになりやすく,電子親和力が大きいほど陰イオンになりやすいんですか?

進研ゼミからの回答

こんにちは。いただいた質問について回答します。

【質問の確認】

・イオン化エネルギーが小さい原子ほど電子を放出しやすく,陽イオンになりやすい。

・電子親和力が大きいほど陰イオンになりやすい。

という説明について,どうしてそうなるのかを一緒にみていきましょう。

【解説】

物質のもつエネルギーはエネルギー図上の位置で表されます。これをエネルギーのレベルといいますが,物質はこのレベルが低い位置にあるほど安定な状態といえます。これがカギです。

イオン化エネルギーは原子から電子1個を取り去って,1価の陽イオンにするために必要なエネルギーで,原子が陽イオンになるときに吸収するエネルギーです。

エネルギー図
原子の状態からエネルギーを吸収してイオンになるのですが,このとき受け取るエネルギーが少ないほうがエネルギー図上でのレベルの上昇も少ないのです。エネルギー図ではより低い位置にあるほうが安定なので,イオン化エネルギーが小さいほど陽イオンになりやすい,ということがいえます。

これに対して,電子親和力は原子の最外殻に1個の電子が入って1価の陰イオンになるときに放出するエネルギーです。

エネルギー図
たくさんのエネルギーを放出してより低いエネルギーレベルになるほど安定な状態になるので,イオン化エネルギーとは逆に電子親和力が大きいほど陰イオンになりやすいのです。

以上のことから,イオン化エネルギーは小さいほど,電子親和力は大きいほど,それぞれ,陽イオン,陰イオンになりやすいのです。

【アドバイス】

上記のようなエネルギー図をイメージできるようにしておきましょう。

これからも進研ゼミを活用して得点を伸ばしていってください。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部