ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 お子さまの年齢・地域にあわせた情報が届く! 150万ダウンロード突破! 利用無料! 会員登録不要! 今すぐアプリをダウンロード
ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 アプリなら!お子さまの教育に役立つ人気特集が読める! 今すぐアプリをダウンロード
アプリならお子さまの年齢に合わせた教育情報が届く ベネッセ まなびの手帳

定期テスト対策 高校地歴公民

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

地理 定期テスト対策【地球,地理情報と地図】時差の求め方について

【地球,地理情報と地図】時差の求め方について

時差の求め方がいまいちよくわかりません。
引くのか足すのか…

進研ゼミからの回答

こんにちは。
いただいた質問について、さっそく回答させていただきます。

【質問の確認】

時差の求め方がいまいちよくわかりません。引くのか足すのか…

【問題】と【解答解説】

【解説】

まず、「最も時刻が進んでいる場所」=「日付変更線」≒「東経180度」=「西経180度」という点を押さえましょう。
時差の問題を解くうえでは、「東経180度」のところで最も時刻が進んでいて、西に行くほど時刻が遅れている、と考えて構いません。
下の地図では、右の方ほど時刻が進んでいて、左の方ほど時刻が遅れていることになります。


西経と東経にわかれた地図

したがって、東京とロサンゼルスを比べると、時刻が進んでいるのは東京の方になります。ゆえに、時刻が進んでいる東京から、「西に向かって」時刻が遅れているロサンゼルスまでの経度差を計算します。つまり、東経135度から0度までの135度と、0度から西経120度までの120度を足して、255度になります。そして、これを15で割ると、東京の方が17時間進んでいることが分かります。

【アドバイス】

時差のところは、十分に理解するには時間がかかります。教材を繰り返し学習して、少しずつ知識を正確にしていきましょう。地球儀があるなら、地球儀を回しながら考えてみると分かりやすくなるはずです。
それではこれで回答を終わります。これからも、『進研ゼミ高校講座』を上手に活用しながら理解を深めていきましょう。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

定期テストの勉強方法については
こちら

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部