ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 高校理科

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

化学基礎 定期テスト対策【中和反応と塩】中和反応と酸の強弱について

【中和反応と塩】中和反応と酸の強弱について

中和反応において,強酸も弱酸も同じ価数で同じ濃度であれば,同じ塩基に対して同じ量が反応するのはなぜですか?
弱い酸のほうは,あまり反応しないのではないのですか?

進研ゼミからの回答

こんにちは。いただいた質問について回答します。

【質問内容】
中和の量的関係
において,
同じ価数の酸でも,強酸と弱酸では中和に必要な量は変わるのではないか,というご質問ですね。

【質問への回答】
例えば,1.0mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液に対して,1.0mol/Lの塩酸や1.0mol/Lの酢酸がどのように反応するか考えてみましょう。

①1.0mol/Lの塩酸10mLを1.0mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液と中和滴定する場合

コニカルビーカーに1.0mol/Lの塩酸10mLを入れ,ビュレットに入れた1.0mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液で滴定していきます。
質問への回答

1000×0.01=10〔mL〕
となります。

②1.0mol/Lの酢酸10mLを1.0mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液と中和滴定する場合
(この時の酢酸の電離度を0.01とする)
今度は,コニカルビーカーに1.0mol/Lの酢酸10mLを入れ,ビュレットに入れた1.0mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液で滴定していきます。
質問への回答

すると,この酢酸を中和滴定する場合,必要な水酸化ナトリウム水溶液の物質量は0.0001molとなるのでしょうか?
実際は違います。
質問への回答

1000×0.01=10〔mL〕
となり,変わりないことになります。

【学習アドバイス】
中和反応においては,中和の終点において酸・塩基の強弱にかかわらず,出しうる水素イオン,水酸化物イオンがすべて反応します。したがって
学習アドバイス

が成り立ちます。
このことをしっかり覚えておきましょう。

以上で回答を終わります。
今後も『進研ゼミ高校講座』を使って,得点を伸ばしていってくださいね。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部