26.2%の高校生は1カ月に1冊も本を読まない!? 果たして保護者は?


国際学習到達度調査(PISA20002003)がきっかけとなり、日本の高校生の「読解力」低下が話題になったことは記憶されているかたも多いのではないでしょうか。しかし、2000年の調査では、こうした学力以外のことも調査しており、「趣味で読書をすることはない」と答えた日本の高校生は55%でした。これは、参加32ヵ国中、最も高い割合です。今回は、「読書」ということについて考えてみます。

学年が進むにしたがって読む本の数が減少

PISA調査では、日本の高校生の「読解力」調査の平均得点が2000年の8位(522点)から2003年では14位(498点)に低下しました。確かに順位が低下したのは問題ですし、点数や順番がどうだったかは気になるところでしょう。しかし、むしろ重要なのはそうしたことの背景にあることです。参加国全体から見れば、日本の高校生の特徴の1つは、「趣味で読書をすることはない」と答えた高校生が55%もいたことで、それは参加32ヵ国中、最も悪い結果でした。(2000年調査/2003年は同じ調査項目なし)「読解力」の平均得点が参加国中1位だったフィンランドの場合は22%ですので、好対照をなしています。そこで、もう少し子ども全体の読書活動を調査した結果を見てみることにしましょう。※PISAは高校1年生を対象にした調査です。

【図1 1カ月に読んだ本の数(学年別)】
親と子の読書活動等に関する調査(2005年文部科学省)

【図1】は、小学2年生、小学5年生、中学2年生、高校2年生が1カ月に読んだ本の数を示しています。「0冊」「1冊」「2冊」などの割合、つまり1カ月に読んだ本の数が少ない子どもの割合を見ると、学年が進むにしたがって増加することがわかります。特に「0冊」は、小学2年生では2.0%だったのが、高校2年生では26.2%になります。実に高校生の4人に1人は1カ月の間に本を1冊も読んでいないことになります。このことが先ほどのPISA調査の結果にも現れたことが推測できます。
このような結果を見ると、「日本の子どもたちは……」と言いたくなります。しかし、もう一つ見ていただきたいデータがあります。

【図2 1カ月に読んだ本の数(保護者)】

【図2】は、この調査を受けた子どもたちの保護者が1カ月に読んだ本の数を示しています。これを見ると、割合が高校生の場合とほとんど変わらないことに気がつきます。高校生と同じように、保護者たちは読書をしていないことが明らかです。残念ながら大人たちの読書実態を国際比較したデータはもっていないのですが、もしそうした調査があれば、かなり厳しい結果が予想されます。
果たして読書は子どものときだけすればよいものなのでしょうか。もし、大人たちが読書や本の価値をあまり認めないのであれば、子どもたちが大人に近づくにしたがって読書をしなくなるのは当然の結果かもしれません。

何のために本を読みますか?

齋藤孝氏は「読書力」という著書の中で次のように述べています。

日本ではいつのまにか、本は、「当然読むべき」ものから「別に読まなくてもいい」ものへと変化してしまった。…(中略)…自分の生きている社会の存立基盤を考えると、読書を核とした向上心や好奇心が実に重要なものだと思えてくるのである。
私は、自分自身の自己形成が読書に大きく負っていることを認識している。自分が考えるときに、読書によって培われた思考力が生かされているのを感じる。対話をするときにも、読書経験が大きくプラスに働いていると日々感じている。

こうした齋藤氏の指摘は、たとえば、「この世に本がなかったとしたら」と考えてみると、さらにわかりやすくなるかもしれません。私ごとで恐縮ですが、私の小さい頃の愛読書は昆虫図鑑でした。(この場合は正確には「読書」とは言わないかもしれませんが)子ども向けは小学校の低学年で卒業し、収集マニアが使う本格的なものをいつも見ていました。それを見ながら、週末、どこへ昆虫採集に出かけるかを父親とよく相談したことを覚えています。私にとって図鑑は自然に対する好奇心の源で、私が理系の学部に進んだのも、そうした小さい頃の経験が影響していると思います。大人になってからは、自分の人生経験だけでは得られない多くの知識を本を頼りに広げています。恐らく、この世に本がなかったら、今の私とは全く別の人間になっていたと思います。

皆さまは本をどのような目的で読まれているでしょうか。もし、よろしければ、皆さまの経験に基づく、本のよさや価値を声としてお寄せください。まず、自分たちが「読書」の価値を問い直して、それを自分の姿や言葉を通して子どもたちに伝えていきたいものです。そうしたことがPISA調査で見られた「読解力」低下の解決にもつながっていくのではないかと考えます。

<参考図書>
齋藤孝著 『読書力』岩波書店
有元秀文著 『国際的な読解力」を育てるための「相互交流のコミュニケーション」の授業改革』渓水社

プロフィール

Benesse教育研究開発センター 山田剛

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A