食事中にケータイが鳴ったらアナタはどうしますか?

Benesse教育研究開発センター発行の「子ども生活実態基本調査報告書」によると、夕食を一人だけで食べる子どもの割合は、小学校高学年で10~15%で、学年が上がるにつれて高くなり、高校生では36%にも達するようです。

今では貴重になりつつある家族での夕食の時間ですが、そんなひと時に家族団らんのアナタのケータイが鳴ったらどうしますか?

教育発見隊アンケートによると、平日、家族と食事中にケータイが鳴ったとき約半数の方が電話に出ないと答えています。このうち、小学2年生の保護者に限ると約60%になります。

この時期のお子さまにケータイを持たせる理由としては「防犯・安全のため」がトップとなっています。ケータイはあくまでも安全のための道具であり、普段ケータイを使っているところを見せたくない親心が垣間見えます。

さらに特徴的なのは、小学校5年生の保護者の方々で、約70%が電話に出ないと答えています。ちょうどこの時期は「塾への送迎連絡」「お子さまの希望」でケータイを持たせる方が多く、また保護者の目の届かないところでの利用も増えることから、ケータイ利用に関して配慮する姿勢が伺えます。

この傾向は、メール利用に関してはもっと顕著に現れます。

食事中にメールが届いたときに見ないと答えた人は全体では約60%と電話に比べて高いのですが、中学生の保護者に限れば、約75%にも達します。中学生といえば、お子さま同士のケータイでのコミュニケーションが通話からメールに切り替わる時期であり、保護者のより強いケータイ利用に関する配慮が伺えます。

これらの事柄で共通して言えることは、いずれもお子さまがケータイを使い始めた時期に保護者の方々のケータイ利用に対する配慮も高くなっているという点です。

逆にこの時期をはずすと、全体としてケータイに出ない割合は低くなるのですが、これには2つの要因があると考えられます。


  1. ケータイの利用方法について、家族内のルールを決めて過剰に反応しなくてよくなった。
  2. 子どもがケータイを使い始めた当初は気にしていたが、だんだん慣れて気にしなくなった。

アナタのご家庭ではどちらのケースが当てはまるでしょうか? 食事中にケータイに出たら絶対ダメということはなく(ケースバイケースなので)、厳密には難しいとは思いますが、ケータイへの関心の高い最初の段階で家族のなかで話し合ってルールを決めていくことが大変重要だと思います。



プロフィール

Benesse教育研究開発センター 和気竜也

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A