子どもの水泳時の関節故障 関節の柔らかい人はむしろ地上でのケガに注意

子どもの水泳時の関節故障 関節の柔らかい人はむしろ地上でのケガに注意水泳は関節の大きな動きを必要とするスポーツのため、関節の痛みを訴える子どもが多い。関節の柔軟性には個人差があるが、柔軟性を高め、痛みを予防するためにはどうしたらよいのだろうか。早稲田大学スポーツ科学学術院教授で、五輪の水泳チームドクターも務めた金岡恒治氏に伺った。

 

***

 

水泳指導者(コーチ)の代表的な資格のひとつに、公益財団法人日本水泳連盟が認定した「基礎水泳指導員」があります。更新制の資格で、義務研修では、指導法や事故予防のノウハウなどの確認を行います。この資格を持っていないコーチも、正しく・安全に指導できるよう教育を受けているはずです。クラブとコーチを信頼し、まかせておけばよいと思います。

 

水泳のスポーツ障害で多い関節の痛みは、骨がこすれて炎症が起きることから生じます。こすれやすいのは「関節の柔軟性」が低い人です。関節の柔軟性には個人差があり、硬い子どもは要注意です。柔軟性を高め、関節の痛みを予防するのに有効なストレッチを、自宅でも行いたいものです。ただし、自己流ではなく、一度コーチに指導してもらったうえで行うことが肝心です。
体のどこが伸びているか、何回やれば良いのか、このストレッチを行う理由・目的は何か? こういったことをきちんと知ることが、効果的で安全なストレッチにつながります。

 

関節の柔軟性が高い人は、水中ではなく「地上」のケガに注意しましょう。体が水中に適応しすぎると、足首が柔らかくなり、やっかいなねんざを起こしやすくなります。症状に合った予防法をとるためにも、まずは整形外科医の診察を受けましょう。

 

足首の関節が柔らかい人で、つま先を伸ばした動作をしたときに痛みが続く場合は、三角骨障害かもしれません。かかとと脛(すね)の骨がぶつかって起き、足首の後ろが痛くなるケガです。X線撮影をすればわかりますので、やはり整形外科で診察を受けましょう。

 

出典:五輪の水泳チームドクターが語る 子どものスポーツ障害【後編】保護者が知っておきたい基礎知識 -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A