子育てで後悔していること「食事のマナー」「対人スキル」など

子育てで後悔していること「食事のマナー」「対人スキル」などBenesse教育情報サイトでは、小学生以上の子どもを持つ保護者を対象に「子育てについて後悔していること」をテーマにアンケートを実施し、その結果を発表した(アンケート期間2011年8月/回答者数2626人)。

 

***

 

「あなたは子育てで後悔していることはありますか?」という質問に対し、「たくさんある」という回答は28.9%、「少しある」は56.9%、「ほとんどない」は12.9%、「まったくない」は1.3%だった。全体の約85%の保護者が、子育てに対して何らかの後悔があるようだ。

 

後悔している内容について聞いてみたところ(複数回答)、もっとも多かったのが「生活面」で45.3%。続いて「学習・勉強面」(32.0%)、「性格・行動様式」(31.2%)、「対人スキル」(26.3%)、「運動・体育」(24.1%)、「マナー」(22.8%)、「言葉づかい」(20.3%)という結果になった。

 

ちなみに、自分の子育てについて最も後悔していることを尋ねたところ、以下のような回答があった。

 

●「子どもが小さいころに、学習習慣をしっかりつけさせるべきだったと悔やんでいます。大きくなってから注意しても、子どもは口答えをするし、聞き流されてしまいます」(高校生・男子の保護者)
●「身の回りを整理整頓する習慣をつけさせておくべきでした。子どもの部屋はいつも物が散乱していて、わたしが片づけてもすぐ散らかしてしまいます。口を酸っぱくして注意しても直りません」(中2・女子の保護者)
●「箸の持ちかた、咀嚼(そしゃく)するときのマナーなどを、子どもが小さいころにしっかり教えておけばよかったと後悔しています。当時はあまりうるさく言うと食事中の雰囲気が悪くなるし、そのうち自然と身につくだろうと思っていたのですが、わたしの考えが甘かったです。変なふうに箸を持って、ピチャクチャ音を立てて食事をする息子を見ると、自分のしつけの至らなさを痛感します」(小5・男子の保護者)
●「娘は小さいころから人見知りでしたが、小3の今になっても、知らない人の前ではモジモジしてしまってあいさつもろくにできません。対人スキルを伸ばす練習をもっとさせておく必要があったと思います」(小3・女子の保護者)

 

全体を通して、マナーやコミュニケーション能力など、一般生活に関係する事柄について後悔している保護者が多いようだ。

 

出典:8割以上の保護者が「子育てで後悔していることがある!」 -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A