ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 お子さまの年齢・地域にあわせた情報が届く! 150万ダウンロード突破! 利用無料! 会員登録不要! 今すぐアプリをダウンロード
ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 アプリなら!お子さまの教育に役立つ人気特集が読める! 今すぐアプリをダウンロード
アプリならお子さまの年齢に合わせた教育情報が届く ベネッセ まなびの手帳

定期テスト対策 高校地歴公民

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

地理 定期テスト対策【交通・通信,貿易】貿易摩擦について

【交通・通信,貿易】貿易摩擦について

日本の自動車工業について,貿易摩擦の激化で1980年代以降海外での現地生産化が進められたのはなぜですか? 
なぜ貿易摩擦がおこると海外で生産するようになるのでしょうか。

進研ゼミからの回答

こんにちは。

いただいた質問について、回答させていただきます。

【質問内容】
日本の自動車工業について,貿易摩擦の激化で1980年代以降海外での現地生産化が進められたのはなぜですか? なぜ貿易摩擦がおこると海外で生産するようになるのでしょうか。

【質問への回答】
実際に当時おきていたことですが、日本の自動車がアメリカ合衆国で大量に売れて、アメリカの自動車工業が苦しい状況になり、アメリカの自動車工場の多くが閉鎖された場合を考えてみましょう。
そうすると、それまで自動車工場で働いていたアメリカ人が、たくさん失業してしまいます。
おおぜいの失業者が出てしまうのは、国家にとっての大問題であり、なんとか状況を改善しようとして、政府も大いに努力しなければならなくなります。

そこでアメリカ政府は、(できれば自由な貿易が望ましいとする建前をとっているにもかかわらず)日本の自動車メーカーに自主的に輸出を控えるよう要求したり、日本の自動車に高い関税をかけたりするなどして、なんとかアメリカの自動車が売れるようにしようと努めることになります。

そうしたことをされては、日本の自動車メーカーも困ることになります。
このような場合、日本の自動車メーカーにとって最も効果的な解決策は、アメリカ側の不満を解消させることです。その解決策が、以下に述べるような「現地生産」の推進なのです。

ここでの「現地生産」とは、「日本の自動車メーカーが、アメリカで売る自動車を製造するために、アメリカに新工場をつくること」であり、同時に、現地のアメリカ人を雇って、その新工場で働けるようにすることも意味します。
そうした「現地生産」をおこなえば、アメリカの失業者は、日本の自動車メーカーの新工場で働けるようになり、失業問題が解消することになるわけです。

【学習アドバイス】
自分が将来、ある会社に勤めていたところ、外国企業との競争に敗れて会社が倒産し失業した場合を想像してみると、少しは理解しやすくなるかもしれません。
失業後、新しい職を探そうとしても、なかなか見つからないときに、近くに同じ業種の外国企業が新工場を建設し、現地の従業員を募集したら、どうでしょうか。外国企業の新工場で働いてみようと考えても、ごく自然だとは思わないでしょうか?

それではこれで回答を終わります。これからも、「進研ゼミ高校講座」への取り組みを続けながら、知識を正確にしていきましょう。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

定期テストの勉強方法については
こちら

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部