ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 お子さまの年齢・地域にあわせた情報が届く! 150万ダウンロード突破! 利用無料! 会員登録不要! 今すぐアプリをダウンロード
ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 アプリなら!お子さまの教育に役立つ人気特集が読める! 今すぐアプリをダウンロード
アプリならお子さまの年齢に合わせた教育情報が届く ベネッセ まなびの手帳

定期テスト対策 高校地歴公民

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

地理 定期テスト対策【南・西・中央アジア,アフリカ】なぜイギリスの旧植民地では茶の生産量が多いのか

【南・西・中央アジア,アフリカ】なぜイギリスの旧植民地では茶の生産量が多いのか

国別生産量の統計資料について、“上位にイギリスの旧植民地がきているので茶の生産だと分かります”とありましたが、私にはなぜそう結び付けることができるのかわかりません。

進研ゼミからの回答

こんにちは。
それでは、今回の質問に回答します。

【質問の確認】

茶の国別生産量の統計資料について、“上位にイギリスの旧植民地がきているので茶の生産だと分かります”とありましたが、私にはなぜそう結び付けることができるのかわかりません。


【問題】次のグラフは、ある農作物の2011年の国別生産量の割合を示している。この農作物は何か。

【解説】

まず、「茶(の葉)」は、加工されて「緑茶」・「紅茶」・「ウーロン茶」といった製品になることを思い出しましょう。

農産物として「茶」という項目がある場合、あとで加工されて「緑茶」・「紅茶」・「ウーロン茶」などになるもの全部が含まれているわけです。
日本人の場合、ただ「茶」と言われると「緑茶」を思い出すことが多いでしょうが、「紅茶」なども含まれることに注意することが大切です。世界的には、「緑茶」よりも「紅茶」の生産量の方が多くなっています。

そして、「紅茶」の消費国として特に有名なのが、イギリスです。
ただし、「紅茶」の原料となる「茶(の葉)」は高温多雨の土地を好むので、比較的寒いイギリスでは、栽培は困難です。そこで、かつてのイギリスは、植民地であったインドなどで「茶(の葉)」を栽培させて、それを自国に輸入して、消費していたわけです。
その後、インド・スリランカ・ケニアなどのイギリス植民地は独立しますが、茶の生産は続けており、イギリスに輸出しているというわけですね。

【アドバイス】

地理の学習では、基本的な世界史の知識も必要になることがあります。できれば、世界史についても簡単に調べながら学習を進める方が、効果が上がると言えるでしょう。

それではこれで回答を終わります。これからも、『進研ゼミ高校講座』にしっかりと取り組んでいってくださいね。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

定期テストの勉強方法については
こちら

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部