ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策サイト 高校数学

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

数学A【場合の数と確率】A ̄∪Bの図

【場合の数と確率】A ̄∪Bの図



A ̄∪BやA ̄∩B のように,どちらかの集合に ̄がついている場合,図がかけません。

進研ゼミからの回答

こんにちは。
いただいた質問について,さっそく回答いたします。

【質問の確認】

A ̄∪BやA ̄∩B のように,どちらかの集合に ̄がついている場合,どのような図になるのか。というご質問ですね。
というご質問ですね。

【解説】

解説
(2)(1)でかいた斜線の図に,Bの図を重ねて斜線でかく。

(3)(2)の図で,「∪のときは,すべての斜線部分を足し合わせた部分」,「∩のときは,斜線が重なった部分」となる。

解説
補集合か,そうでないかに気をつけて図をかけばよいだけです。

解説
手順に従って考えていきましょう。
まず,全体集合をUとします。図を考える前段階として,下のような図をかいておきます。

解説

解説
(2)次に,Bの図を重ねて斜線でかきます。
(1)と区別をつけるために,下の図のように逆方向の斜線にするとよいでしょう。

解説

解説

解説
同じ要領で図をかいて考えてみましょう。

解説
(2)次に,Bの図を重ねて斜線でかきます。

解説

解説

【アドバイス】

解説

★補集合を意識して図をかく。

★手間を惜しまず,1つひとつ図をかいていく。

★∪,∩をしっかりと確認する。

という3点に注意するとよいですよ。

それでは,これで回答を終わります。
これからも,『進研ゼミ高校講座』にしっかりと取り組んでいってくださいね。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部

テーマ一覧

子育て

教育

受験

英語