ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 お子さまの年齢・地域にあわせた情報が届く! 100万ダウンロード突破! 利用無料! 会員登録不要! 今すぐアプリをダウンロード
ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 お子さまの年齢・地域にあわせた情報が届く! 100万ダウンロード突破! 利用無料! 会員登録不要! 今すぐアプリをダウンロード
アプリならお子さまの年齢に合わせた教育情報が届く ベネッセ まなびの手帳

定期テスト対策 中学社会

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

中学社会 定期テスト対策【経済】 「世界の工場」と呼ばれる国は?



【経済】 「世界の工場」と呼ばれる国は?

世界の工場は中国と習いました。でも,辞書で調べたところイギリスと出ていたのですが,それはなぜですか?

進研ゼミからの回答


イギリスは「19世紀」の世界の工場,中国は「21世紀」の世界の工場と呼ばれているからです。

■「19世紀」の世界の工場 ―イギリス―
 世界で最初に産業革命が起きたイギリスは,19世紀になると世界最大の先進工業国となりました。
 世界中から原材料を輸入して,良質・安価な工業製品を大量生産して,それを世界中に輸出するようにな
 りました。
 イギリスだけで,世界の工業生産額の半分を占めていたことから,19世紀における「世界の工場」と呼ば
 れました。

■「21世紀」の世界の工場 ―中国―
 中国は,1980年ごろから経済開放政策を進めてきました。
 積極的に外国の企業・工場の進出を受け入れることで,資本や新しい技術を取り入れました。一方,外国
 の企業も,安くて豊富な労働力・広大な用地などを求めて,中国に次々と進出しました。
 さらに,中国には工業の原料となる鉱産資源も豊富にあるため,多くの工業製品を輸出する工業大国とな
 りました。
 とくに鉄鋼・機械・化学・繊維などの工業製品が,世界一の生産高になったことから,21世紀における
 「世界の工場」と呼ばれています。

【ワンポイント】


 

「20世紀」の世界の工場と呼ばれていたのは,アメリカ合衆国(アメリカ合衆国と日本という説もありま
 す)でした。
 アメリカ合衆国は,19世紀末には世界最大の先進工業国となり,20世紀半ばには世界の総生産の半分以上
 を占めていました

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

※​このQ&Aでは、​ 「進研ゼミ中学講座」​会員から寄せられた質問とその回答の一部を公開しています。​
​​Q&Aをすべて見る(「進研ゼミ中学講座」会員限定)

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部