ごっこ遊びにはどんなメリットが? 親子で楽しくコミュニケーション力を身に付けよう

ごっこ遊びは子どもの成長に欠かせない遊びといわれていますが、正直なところ遊びに付き合うのが辛いと感じる保護者のかたもいるかもしれません。しかし、ごっこ遊びをすることで育むことができる能力はたくさんあります。ごっこ遊びにどんなメリットがあるかをご紹介します。

この記事のポイント

ごっこ遊びにはメリットがいっぱい

ごっこ遊びとは、何かになりきってその言動を真似する遊びのことです。ごっこ遊びをするためには、遊びの対象や出来事を記憶しそれを真似するために、記憶力や観察力が必要です。複数人でどんな内容にするかストーリーを考えることで、想像力や協調性を育むこともできます。また、役になりきって行動したり会話をしたりすることで、表現力や言語力のトレーニングにもなるのです。このようにごっこ遊びには、メリットがたくさんあります。楽しく遊びながら、子どもが社会に出るうえで必要さまざまな能力を身につけられるというのは嬉しいですね。

  • ごっこ遊びは何かになりきって真似する遊び
  • 社会に出るうえで必要な能力が身に付く

ごっこ遊びの種類

ごっこ遊びというと、おままごとをイメージする人が多いかもしれませんが、ほかにもいくつか種類があります。

《ごっこ遊びの種類》
・おままごと
・先生ごっこ
・お店屋さんごっこ
・ヒーローごっこ
・お姫様ごっこ
など

先生と生徒役に分かれて遊ぶ先生ごっこや、店員さんとお客さんに分かれて遊ぶお店屋さんごっこでは、その場に合った言葉遣いや振る舞いを学ぶことができます。また憧れのヒーローやお姫様になりきって遊ぶヒーローごっこやお姫様ごっこは、夢中になって役になりきる子も多いのではないでしょうか。

子どもとのコミュニケーションにも有効

ごっこ遊びは、ぜひ子どもと一緒に楽しみましょう。忙しくて時間がなかったり、長時間一緒に遊ぶことが辛かったりする場合は、時間を決めて遊ぶことをおすすめします。どんな遊びにするか相談したり、役になりきってたくさんの会話を交わしたりすることで、子どもとのコミュニケーションにもなりますよ。一緒にごっこ遊びをしていると、現実と違った内容につい口を出してしまいそうになりますが、子どもが膨らませたイメージは壊すことなく、子どもに合わせて遊ぶことを心掛けるようにしましょう。そうすることで子どもの想像力はさらに広がっていくことでしょう。

  • 子どもと一緒にごっこ遊びをしよう
  • ごっこ遊びは子どもとのコミュニケーションに
  • 子どもに合わせて遊ぶことを心掛ける

まとめ & 実践 TIPS

ごっこ遊びは、子どもの成長に欠かせないさまざまな能力を高めてくれることが期待できる遊びの一つです。しかも特別なおもちゃがなくても、家にあるものを使って遊ぶことができます。子どもと一緒に想像力を膨らませて、楽しく遊んでみてはいかがでしょうか。


出典:厚生労働省『保育所保育指針解説書』
URL:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/hoiku04/pdf/hoiku04b_0002.pdf

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A