時計を見て行動できる子に!子育てもラクになる時計の教え方

小学校入学準備として押さえておきたい時計の読み方。時計を読めるメリットは、算数の学習で役立つだけではないのです。時計を使った声かけは、子どもの自立を促し、親子時間がぐっとスムーズになることをご存じでしょうか。

今回は、『算数ができる子の親がしていること』の著者である、幼児さんすう総合研究所代表の大迫ちあき先生に、幼児への時計の教え方と、日常に「時間」を取り入れて、自分で行動できる子になる声かけの方法についてお話をいただきました。

関連:みんな子どものひらがなどうしてる? 困ったことランキングとその対応方法

時計を読めることは生活リズムを整えることにつながります

就学前に時計を読めるようになると、算数の学習に役立つだけでなく、基本的な生活リズムが整い、自分から動ける子を育むことにつながります。おうちのかたも子育てがぐっとラクになることでしょう。そんな時計の教え方のコツをお伝えしていきたいと思います。

小学校の算数では、一般的に入学してから半年で何時、何時半まで読めるようになり、1年生の終わりには何時何分まで時計が読めるように学習が進んでいきます。生活のなかでも、たとえば1時間目は8時45分からスタートし、中休みは20分間で、3時30分に下校するといった時間割のなかで子どもたちは動いていきます。そうした小学校の学習や生活にスムーズに順応するためにも、年少くらいから時計を読むことの準備をスタートしておくとよいです。

年少さんというと早いと思われるかもしれませんが、いきなり時計の勉強をする必要はありませんので、ご安心ください。時計が読めて、時間がわかるようになるまでには、次の4つのステップがあります。

① 数字が読める
② 数字の意味(数の概念)がわかる
③ 時計を読める
④ 時間がわかる

時計を読める、時間がわかるようになるには、その4つの段階を踏まえて、ていねいに教えていくことが大切です。ですが、一度に教えようとしてパンクしてしまうご家庭がとても多いのです。

適切な時期に適切な方法で教えてあげると、子どもはぐんと吸収していきますので、あせらず取り組んでいきましょう。

関連:スーパー保育士・原坂先生に聞く!意欲的な子どもが育つ「待てる親」になる秘訣

時計を教える土台となる数は生活の中で親しみながら身につけましょう

時計の読み方の準備は、年少さんくらいから始めるとよいですが、あくまで目安です。10ぐらいまで数字が読めて、自分の年齢くらいまでの数を理解したころから始めるとよいと思います。

数の理解というと、わかりにくいと思いますが「リンゴを3個とって」と言ったら、きちんと3個のリンゴを取れることです。3という数字と具体物のリンゴ3つが結びつくことが重要です。この時期には、100まで数が数えられることよりも、5までで構わないので数の理解がしっかり身につけていることの方が、後々伸びていきます。

数の意味がわかるには、生活のなかでたくさん数に親しむことがポイントです。「ケーキを3個買いましょうね」「みかんを5個もってきて」とお子さんと一緒にお買いものやふだんの生活の中でも数に親しんでほしいですね。

まずは短い針を読めるように!時間を使った声かけはとても効果的

時計を教えるためには、まず数字が読みやすい「アナログ時計」を家庭に用意することから始めましょう。

長い針と短い針をいっぺんに教えるのではなく、短い針を読むことから始めます。ただ、いきなり読み方を教えるのではなく、お子さんとそのおうちの生活に合わせて、時間の声かけからスタートするとよいと思います。たとえば、時計をお子さんと見ながら「今、3時になったから、おやつを食べようね」「8時になったから寝ようね」といった具合です。そうした繰り返しのなかで、時計の読み方を覚えていきます。

ポイントなのは、親子で一緒に楽しく時計に触れることです。紙皿などに数字のシールを貼って時計を作ったり、時計の針がついた絵本を読んだりするのもよいです。もちろん市販の幼児向け教材を活用するのもおすすめです。視覚だけでなく、目や口、手、耳など五感を使って、「時計」に触れさせてあげましょう。

時計を活用して、起きる、食べる、寝るといった基本的な生活リズムが整うことで、お子さんを急かすことがなくなり毎日の生活がラクになりますし、小学校生活へもスムーズに入っていくことができます。ぜひ、今からすこしずつ準備を始めてみてはいかがでしょうか。

関連:うちの子飽きっぽい!? 子どもの『好奇心』を広げるポイント2つ

時計を楽しく学ぶなら、〈こどもちゃれんじ〉がおすすめ

忙しくて、時計をきちんと教える時間あるかしら・・・・・・。

そう感じるかたにおすすめの教材が〈こどもちゃれんじ〉です。

こどもちゃれんじ〉は、遊びの中で数や時計について理解を深め、学びの一歩を楽しく踏み出せる教材をご用意しています。

年齢にあわせて数の理解を深めていき、年中さんでは本格的な時計プログラムがスタートします。ワークや、時計の知育玩具、絵本、DVDアニメを組み合わせる手法で、より理解しやすく興味も続きやすく展開。時間を理解できるとともに、時間にあわせて動く習慣づくりをサポートしています。

年長さんでは、時計を学びながら、小学校に向けて勉強・早寝・早起きを「自分でやってみる姿勢」が身につくプログラムをお届けします。

時計を学んで、時間にあわせて自分で動ける子に。

忙しい日々だからこそ、〈こどもちゃれんじ〉で時間にあわせた習慣づくりを楽しく身につけてみませんか。

こどもちゃれんじ〉教材のご紹介はこちら
https://www2.shimajiro.co.jp/

プロフィール

大迫ちあき

大迫ちあき

幼児さんすう総合研究所代表。公益財団法人日本数学協会認定数学コーチャー。東京・世田谷で算数教室「M&C Studyroom」を運営し、小学生・中学生に算数・数学を指導するほか、未就学児を対象とした幼児さんすうスクール「SPICA」を展開。日本数学検定協会認定資格「幼児さんすうインストラクター養成講座」の講師を務め、幼児算数指導者の育成にも力を入れている。著書に『算数ができる子の親がしていること』(PHP研究所)。

プロフィール

こどもちゃれんじ

<こどもちゃれんじ>は1988年に開講した、0~6歳の幼児向け通信教育講座です。お子さまの発達にあわせた教材設計、好奇心をひきだすマルチアプローチで“一生役に立つチカラ”を育みます。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A