子どもの足のトラブルを防ぐ! 正しい靴選びのポイントは?

子どもの足のトラブルを防ぐ! 正しい靴選びのポイントは?近年、扁平足や足指の変形など、足にトラブルを抱えた子どもが増えている。足のトラブルは、悪い姿勢や骨格のゆがみなどの引き金となるので注意が必要だ。スポーツ健康科学の立場から、長年、足と健康の関わりについて研究している桜美林大学教授の阿久根英昭氏に、子どもの足の成長を妨げない靴選びのコツについて伺った。

 

***

 

先が細くて窮屈な靴は、外反母趾(ぼし)や浮き指など、足指の変形の原因となります。また、子どもは成長が早いからと、横幅が広いパカパカした靴を履かせている保護者を見かけますが、靴選びでいちばん大事なのはフィット感。足をしっかりくるんで保護しつつ、子どもの自由な動きを妨げない靴を選びましょう。正しい靴選びのポイントを5つあげておきます。

 

●つま先にゆとりがある
足指を自然にのばせるよう、靴先がやや扇状に広がって、つま先に5~6ミリのゆとりのあるもの
●かかとに安定感がある
かかとがぴたっとはまり、蹴りだすときにかかとが抜けない大きさ、靴底のかかとがやや固く、足首くらいまでの深さのあるもの
●ソール(靴底)に適度な弾力
アスファルトの強い衝撃をやわらげるため、ソールには適度な弾力性があるもの
●通気性&柔らかさ
子どもは大人より汗をかくので、通気性がよく、皮膚を傷つけない柔らかな素材のもの
●靴ひもがある
足に合わせて微妙な調整ができる、ひも靴を

 

元気な足を取り戻すためには、歩いたり、駆けまわったりするのがいちばん。決まった動きになりがちなスポーツより、さまざまな動きが体験できる外遊びがおすすめです。危険のないよう目を離さず見守る中で、草原や川原などでは靴を脱ぎ、はだしの気持ちよさも体験させてあげたいものです。

 

出典:子どものすこやかな足を育てる【後編】元気な足をつくる歩き方・靴選び -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A