6割以上の保護者が「子どもは風の子」に共感

Benesse教育情報サイトでは、年少~中学3年生までの子どもを持つ保護者を対象に、家庭での風邪対策や、対策に対する子どもの自主性ついてアンケートを行った。(アンケート期間2012/11/7~2012/12/3/回答者数2,467人)

 

***

 

【昨年度は、子どもが風邪をひかないように予防・対策をしましたか?(学齢別)】

昨年度は、子どもが風邪をひかないように予防・対策をしましたか?(学齢別)

 

どの学年でも、風邪の予防・対策を「した」という保護者が9割前後を占め、具体的な方法として、「手洗い」「うがい」という回答がともに9割を超えた。さらに、「手洗い」「うがい」を自分から進んでするという子どもも多く、約6割の子どもが「自主的にしている」と回答。とくに、保護者が毎日「手洗い」「うがい」をしている家庭ほど、子どもも毎日実行しているようだ。子どもに風邪をひかせないためには、日頃の予防・対策がカギ。ぜひ家庭での、「手洗い・うがい」の習慣を定着させたい。

 

ところで、「薄着のほうが子どもの抵抗力が高まる」という考え方には、6割以上の保護者が「共感する」と答えた。また、「子どもは風の子」という言葉に「共感する」という保護者も、地域に関係なく6割を超えた。

 

さらに、冬でも半袖半ズボンで過ごす子どもを、最近見かけたかどうかについて尋ねたところ、「見かけた」という保護者が最も多かったのは「四国」。最も少なかった地域は「北海道」だった。その北海道でも2割近くの保護者は、半袖半ズボンの子どもを身の回りで見かけている、と回答。「風の子」たちは、全国各地を元気に駆け巡っているようだ。

 

出典:冬の暖房&風邪予防~「みんな集まれば暖かい」「冬でも半袖半ズボン」!? -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A