ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 お子さまの年齢・地域にあわせた情報が届く! 150万ダウンロード突破! 利用無料! 会員登録不要! 今すぐアプリをダウンロード
ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 アプリなら!お子さまの教育に役立つ人気特集が読める! 今すぐアプリをダウンロード
アプリならお子さまの年齢に合わせた教育情報が届く ベネッセ まなびの手帳

定期テスト対策 高校地歴公民

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

地理 定期テスト対策【地形図と地域調査,地形】地形図での海岸段丘の見分け方について

【地形図と地域調査,地形】地形図での海岸段丘の見分け方について

地形図で海岸段丘の見分け方がわかりません。

進研ゼミからの回答

こんにちは。
いただいた質問について、さっそく回答させていただきます。

【質問内容】
地形図で海岸段丘の見分け方がわかりません。

【質問への回答】
「海岸段丘」は、土砂がたまった海底(陸地)が隆起したり海水面が低下したりすることによって形成されます。そうした海岸段丘ができあがる過程を表したものが、以下の図になります。

海岸段丘が出来上がる過程の図説

 まず、一般的な海岸付近の地形を考えてみましょう。海は動いており、砂・泥・生物の死骸など様々な物を運んでいます。陸地から近いところに位置する海底は、海(波)によって運ばれてきた物が堆積しやすい場所です。そのため、陸地から近いところにある海底は、平坦になりやすい傾向があります。そうした海底の平坦地が隆起したり、海水面が低下したりすると、地上に平坦面が現れて、平野になります。このようにしてできたのが、海岸平野です。
 こうして海岸平野ができたあと、海に面するところは波などによって侵食され、急崖あるいは急斜面が形成されていきます。さらにその後、新たな陸地の隆起や海水面の低下などが繰り返されると、平坦面(緩斜面)→急崖(急斜面)→平坦面(緩斜面)→急崖(急斜面)といった地形が続くこと になります。これが、「海岸段丘」と呼ばれる地形です。

 このような「海岸段丘」は、地形図上では「海岸の近くに、海岸線とほぼ平行な等高線が、複数見られる」ことによって、見つけることができます。

 例えば、海岸線と等高線が、下のような感じで描かれている場合に、「海岸段丘」と判断できるわけです。

等高線、平坦面 このような形で、密になっている等高線の部分が、「海岸段丘」における急崖(急斜面)。

【学習アドバイス】
以上の説明を参考にして、「海岸段丘」に関連した問題に再チャレンジしてみると、解き方のコツも分かってくると思いますよ。

それではこれで回答を終わります。またわからないことがあれば質問してください。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

定期テストの勉強方法については
こちら

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部