ベネッセ教育情報サイト公式アプリ アプリを入手
バナーを閉じる
最新の入試情報/セミナーをご案内 まなびの手帳アプリ

ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 中学勉強法

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

苦手を克服 定期テスト対策【苦手を克服・国語】 読解力の身につけ方

【国語勉強法】 読解力の身につけ方

国語はとくにニガテで,なかなか成績が伸びません。
読解力がすぐに身につく方法があったら教えてください。

進研ゼミからの回答

残念ながら,読解力はこれをやったらすぐに身につくというものではありません。
まずは,以下の4つから実践してみましょう。

・文章を読むように心がけてみましょう。[例]本,新聞の社説やコラムなど
  読みにくい文章でもチャレンジするような習慣を身につけると,
  読解力がよりきたえられます。

・文章を書いてみましょう。[例]日記を書く
  思っていることを文章で表現できるということは,
  正しく文章が読める力へとつながっていきます。
  記述式の問題対策にも有効です。
 
・文字を書く習慣を身につけましょう。
  教科書に載っている文章などを書き写し,文の書き方や言葉を
  知っていく練習をしましょう。「言葉を知る」よいきっかけになります。

・わからない言葉は辞書で意味を確認しましょう。
  知っている言葉が増えると,文章も理解しやすくなります。
  読解力の向上は,知っている言葉の増加に伴っていきます。

問題を読む力や問題に答える力,すべての根底は「読解力」です。
国語の基本は「読解力」ですが,国語以外の教科でも,テストで問われていることを理解するためには
「読解力」が必要です。まずは上記の4つからやってみましょう。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

※​このQ&Aでは、​ 「進研ゼミ中学講座」​会員から寄せられた質問とその回答の一部を公開しています。​
​​Q&Aをすべて見る(「進研ゼミ中学講座」会員限定)

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部