ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

定期テスト対策サイト 中学国語

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

中学国語【国語文法】 修飾語と述語の違いがわかりません



【国語文法】 修飾語と述語の違いがわかりません

修飾語と述語をよく間違えてしまいます。簡単な見分け方はありますか?

進研ゼミからの回答

「どうする・どんなだ」などを表すのが述語,「何を・いつ・どんな」などを表すのが修飾語です。

■述語
文を組み立てている成分の中で,基本となるのが「主語」と「述語」です。
述語を見つけるには,まず主語を確かめ,主語である人・物の行動などを表す「どうする・どんなだ・何だ・ある・いる・ない」に当たる部分を探しましょう。

■修飾語
修飾語は,主語や述語,ほかの修飾語などを詳しく説明する文節です。
「何(だれ)を・いつ・どこで・どのように―どうする」「どのくらい―どんなだ」や,「どんな・何の―何が」のような関係を表します。
修飾語を見つけるには,まずその文の中にある主語・述語を確かめ,ほかの文節が修飾語の性質に当てはまるかどうかを考えましょう。

[例]楽しい思い出がたくさんできた。

1.文節に分ける
    楽しい/思い出が/たくさん/できた。
2.「主語―述語」の関係を探す
   主語「思い出が」 ― 述語「できた」
3.ほかの文節が何を表しているかを考える
   「楽しい」→「どんな」を表し,「思い出が」を説明している修飾語。
   「たくさん」→「どのくらい」を表し,「できた」を説明している修飾語。

※​このQ&Aでは、​ 「進研ゼミ中学講座」​会員から寄せられた質問とその回答の一部を公開しています。​
​​Q&Aをすべて見る(「進研ゼミ中学講座」会員限定)

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部

テーマ一覧

子育て

教育

受験

英語