ベネッセ教育情報サイト公式アプリ アプリを入手
バナーを閉じる
最新の入試情報/セミナーをご案内 まなびの手帳アプリ

ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 中学英語

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

中学英語 定期テスト対策【形容詞・副詞】 interestingとinterestedの違い

【形容詞・副詞】 interestingとinterestedの違い

「それはおもしろそうに聞こえます」の答えがThat sounds interesting.となっていましたが,interestedも形容詞なのでThat sounds interested.ではだめでしょうか?

進研ゼミからの回答

「それはおもしろそうに聞こえる」は「That sounds interesting.」で,「That sounds interested.」は不正解です。
「interesting」は「(物が)(人にとって)興味深い,おもしろい」,「interested」は「(人が)(物に)興味がある」という意味の形容詞です。
主語に注意して以下の例文で違いを確認してください。

■「interesting」
[例]
・This book is interesting to me. (この本はわたしにとって興味深い)
・That sounds interesting. (それはおもしろそうに聞こえる)

どちらの文も主語は「物」です。主語が「物」の文では「interested」にはできません。

■「interested」
[例] 
・I am interested in English. (わたしは英語に興味がある)
※「be interested in …(…に興味がある)」という熟語として覚えておきましょう。

主語は「人」です。


「interesting」と「interested」のように意味が似ていて間違えやすい単語のセットはほかにもあります。あわせて覚えておきましょう。

「surprising」(物が)驚くべき    「exciting」 (物が)興奮させる
「surprised」 (人が)驚いた     「excited」  (人が)興奮した

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

※​このQ&Aでは、​ 「進研ゼミ中学講座」​会員から寄せられた質問とその回答の一部を公開しています。​
​​Q&Aをすべて見る(「進研ゼミ中学講座」会員限定)

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部