歯磨き情報 118kids(いいは キッズ)

倉治ななえ先生
総合監修:倉治ななえ先生
プロフィールをみる
6.歯ブラシと裏技テク

6どんな歯ブラシがいいの?

  • ・ヘッドは小さめのもの
  • ・グリップはにぎりやすいもの
  • ・毛はやわらかくて密集しているもの(カットはフラット)

最初の歯がはえてきたら、赤ちゃんが自分でみがける
トレーニングブラシを与えましょう。
※のどをつかえない工夫のあるものを選んで。

CHECK! ※手の甲をみがいてチェックしましょう。

○毛先がなめらかに処理 してあるものを選ぶ
毛先がなめらかに処理してあるものを選ぶ
×毛先がふくらんだタイプは プラークが落としにくい
毛先がふくらんだタイプはプラークが落としにくい
×切りっぱなしは歯肉を 傷つけるのでダメ!
切りっぱなしは歯肉を傷つけるのでダメ!

子どもが痛がる歯ブラシの特徴

カチンコチン
毛が硬くて
バリバリしている
ブラシ部分が小さく、 毛足が長い
ブラシ部分が小さく、
毛足が長い
タイルのメジ掃除用 ブラシのような、 毛足の長い背高のっぽ の歯ブラシは痛い!
タイルのメジ掃除用ブラシのような、毛足の長い背高のっぽの歯ブラシは痛い!

みがかせてくれない子どものための裏技テクニック

泣いてみがかせてくれない子は…
「アッ!」と注意をそらして、ササッとみがく。
首をふって、暴れちゃう子は…
頭を両足で挟んで手早くみがく。
どうしてもみがかせてくれない子は…

キシリトールを利用する

キシリトールを利用する。

※小児歯科で定期的にクリーニングしてもらいましょう。