歯磨き情報 118kids(いいは キッズ)

倉治ななえ先生
総合監修:倉治ななえ先生
プロフィールをみる
1.虫歯のメカニズム

1メカニズムを知れば、むし歯はこわくない。

虫歯の条件イラスト

「むし歯菌」「糖分」「環境」「時間」、
この4条件がそろうと、むし歯ができる。

砂糖=むし歯の原因。というのは大きな誤解。歯磨きなどによって、むし歯菌をきちんと退治しておけば、甘いものを食べてもむし歯にはなりにくいのです。むし歯を受け入れる環境(歯)があり、口の中のむし歯菌が糖分を取り込み、一定以上の時間を経過してはじめて、むし歯ができるのです。

歯を溶かすのは、むし歯菌が吐き出す酸。

むし歯菌が食べ物から糖分を取り込み、ネバネバ物質を出して歯垢をつくる。

むし歯菌が食べ物から糖分を取り込み、ネバネバ物質を出して歯垢をつくる。

歯垢の中にいるむし歯菌が酸を発生させる。

歯垢の中にいるむし歯菌が酸を発生させる。

エナメル質が酸の攻撃を受けてむし歯ができる。

エナメル質が酸の攻撃を受けてむし歯ができる。

むし歯になるかならないかは、おやつを食べるタイミングにも関係する。

ふだんは中性に近い口の中も、ものを食べると酸性に傾きます。だ液の働きで口の中は自然に中性に近づこうとはしますが、間食が多いとだ液の働きが間に合わず、常に酸性の状態に。むし歯になりやすくなるのです。 おやつを食べるなら食事とセットで。だらだら食べに注意しましょう。

まとめ食べ・だらだら食べとむし歯の関係イラスト

※1 「再石灰化」だ液の力で溶けた歯の表面を修復すること。
※2 「脱灰」歯のエナメル質がむし歯菌の「酸」で溶けること。

STUDY3におやつのメニューがのってます!

むし歯になりやすいおやつと、むし歯になりにくいおやつがある。

すべてのおやつがむし歯をつくるわけではありません。チーズやナッツは口の中を酸性にしにくい食べ物。甘いものでも口の 中をさっと通り過ぎるゼリーなども、むし歯をつくりにくいおやつです。逆に気を付けたいのは口の中に留まりやすい甘い もの。アメやチョコレートなどは要注意です。