歯磨き情報 118kids(いいは キッズ)

倉治ななえ先生
総合監修:倉治ななえ先生
プロフィールをみる
4.みがくときの固定

4みがくときの固定テクニックをマスターしよう。

やさしくみがくには、固定が大切。

  • 下の奥歯
    歯ブラシをにぎっていない指を、
    下アゴに固定する。

    下の奥歯

  • 上の奥歯・上の前歯
    歯ブラシをにぎった手のわきを、
    ほほにそって固定する。

    上の奥歯・上の前歯

  • 下の前歯
    歯ブラシをにぎった手の小指と薬指をアゴにそって固定する。

    下の前歯

小さな子どもの歯を、いやがられないようにやさしくみがくには固定が大切。固定ができれば、力が入りすぎたり動かしすぎたりすることもなく、細かい部分を正確にみがけます。

手の固定の仕方の練習。

  • 1.左右の手のわきをピタッとつけてみる。

    1 左右の手のわきをピタッとつけてみる。

  • 2.歯ブラシを握る。
    ※やさしくみがけるペングリップ。

    point1歯ブラシは先端の2列程度を使う。

  • 3.左右の手をつけたまま中指をみがいてみる。

    point2クルクルとらせんを描きながら移動する。

100~150グラム

力加減は、100~150gが目安。

強くみがきすぎると歯ぐきを傷つけ、子どもが歯磨き嫌いになってしまう可能性も。キッチンスケールを利用して、歯ブラシにかかっている力の加減をおぼえましょう。