ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 高校理科

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

物理基礎 定期テスト対策【速度・加速度】等加速度直線運動の3公式の使い方がわかりません!

【速度・加速度】等加速度直線運動の3公式の使い方がわかりません!

どの問題提示のときに3つの公式のどれを使って解を求めるかがわかりません。

進研ゼミからの回答

【質問の確認】

等加速度直線運動の3公式

≪等加速度直線運動の3公式の使い方がわかりません!≫
どの問題提示のときに3つの公式のどれを使って解を求めるかがわかりません。

【解説】

まず公式の意味を確認していきましょう。

①v=v0+atについて

これは,初速度v0,加速度aで等加速度直線運動している物体が,時刻tにどのような速度vになっているのかを表しています。一般には速度を求めるときに使いますが,v,v0,a,tの関係を表している式なので,これらのうちどれか1つがわからないときにも用いることができます。
では実際にこの公式を使ってみましょう。


1.初速度10m/s,加速度5.0m/s^2で運動している物体の,時刻7.0sのときの速度は?
(答)v0=10,a=5.0,t=7.0 と考えればよいので,これを代入して
v=10+5.0×7.0=45
求める速度は 45m/s となります。


2.加速度8.0m/s^2で運動している物体が時刻4.0sのとき、速度38m/sになっていた。この物体の初速度は?
(答)v=38,a=8.0,t=4.0 と考えればよいので,これを代入して
38=v0+8.0×4.0=v0+32
v0=38-32=6.0
求める初速度は6.0m/s

このように,わかっている数値を代入して,方程式と同様にして解いていきます。


②s=vot+1/2at^2について

この公式は時刻tにおける変位(位置の変化)sを表しています。したがって,一般には変位を求めるときに使いますが,①の公式と同様,s,v0,t,aの関係を表している式なので,これらのうちどれか1つがわからないときにも用いることができます。

3.初速度10m/s,加速度6.0m/s^2で運動している物体が,時間3.0sで進む距離は?
(答)v0=10,a=6.0,t=3.0 を代入して

s=10×3.0+1/2×6.0×3.0^2=57
より57mとなります。


4の問題文と答え

③v^2-vo^2=2asについて

この式は,①と②の式から導けます。自分で導いてみるといいですよ。(時間が含まれていませんから,tを消去する方針で連立させてみましょう。)
この公式には時間が必要ないので,時間が与えられていないときに用いると便利ですよ。例えば次のような場合。

5の問題文と答え

【アドバイス】

実際に公式を使って慣れていくことが大切です。はじめのうちは3つの公式を書き出しておいて,問題文と照らし合わせながら,「わかっている値」,「問われている値」を整理して,どの公式を使えばよいかを考えていくとよいですね。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部