ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 高校理科

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

化学基礎 定期テスト対策【酸化還元反応】硫酸酸性にするのはなぜですか?

【酸化還元反応】硫酸酸性にするのはなぜですか?

よく,酸化剤と還元剤の反応で,「硫酸酸性で,過マンガン酸カリウム水溶液と過酸化水素水を反応させたとき…」とありますが,なぜ硫酸を加えて酸性にするのですか?塩酸や硝酸ではなぜいけないのでしょうか?

進研ゼミからの回答

こんにちは。いただいた質問について回答します。

【質問内容】
【問題】
酸化還元滴定を行う際,過マンガン酸カリウムの酸化作用を強めるため酸性にする必要がある。このとき,
加える強酸として希硫酸が用いられ,塩酸や硝酸が使用されない理由を答えよ。

という問題について,「酸性にするために希硫酸を用いること」についてのご質問ですね。

【質問への回答】
解説
では,硝酸ではどうでしょう?
濃硝酸や希硝酸自身が代表的な酸化剤であったことを思い出してください。硝酸自身が還元剤と反応してし
まいますね。やはりこれでは正確な定量ができません。
このような理由で,酸性条件にするには硫酸を用いるのです。

【学習アドバイス】
解説
このように,実験を行う際は目的を達成するために必要な物質を用いることを考えるだけではなく,不必要な
結果をもたらさないような物質を用いるようにすることも考えておかなければなりません。
このことを念頭において,目的を達成することのできる実験方法を考えられるようにしておきましょう。

以上で質問の回答を終わります。
これからも「進研ゼミ」の教材を利用して,力をつけていきましょう。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部