ベネッセ教育情報サイト公式アプリ アプリを入手
バナーを閉じる
最新の入試情報/セミナーをご案内 まなびの手帳アプリ

ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 中学英語

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

中学英語 定期テスト対策【疑問詞】 Canを使った依頼,申し出の文への答え方

【疑問詞】 Canを使った依頼,申し出の文への答え方

Can you~? やCan I~? を使って依頼や申し出の内容をたずねられたとき,
Sorryなどの後にI can'tやyou can'tがきますが,どう使い分けるかがわかりません。

進研ゼミからの回答

Can you~? は,「(あなたは)~してくれますか」と「相手に何かを依頼する」文です。
Can I~? は,「(わたしは)~してもいいですか」と「相手に許可を求める」文です。
意味が違うので,答え方も変わります。

■「相手に何かを依頼するとき」 Can you+動詞の原形~?

[例]
・Can you open the window? (窓を開けてくれますか)
(答え方)  ・Sure.         (もちろん)
      ・All right./ OK.    (いいですよ)
      ・Sorry,I can't. (すみませんが,できません)
※「質問者がyouに依頼する」文なので,答えるほうはIで受けます。

■「相手に許可を求めたり何かを申し出たりするとき」 Can I+動詞の原形~?

[例]
・Can I use this telephone? (この電話を使ってもいいですか)
(答え方)  ・Sure.      (いいですとも)
      ・Of course.    (もちろん)
      ・I'm sorry, you can't. (すいませんが,だめです)
※「質問者のIの行為の許可を求める」文なので,答えるほうはyouで受けます。

相手に丁寧に柔らかく何かを断りたいときは,最初にSorryやI'm sorryをつけます。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

※​このQ&Aでは、​ 「進研ゼミ中学講座」​会員から寄せられた質問とその回答の一部を公開しています。​
​​Q&Aをすべて見る(「進研ゼミ中学講座」会員限定)

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部