【中学生自由研究テーマNo.88】 雨量計をつくって気象観測をする

対象学年
中学2年生
中学3年生
制作日数
1日
3日
1週間
カテゴリ
天候
観察

調べる方法

1Lの牛乳パックを2個用意する。
1つのパックは下から15cmのところで切り、もう1つのパックは角の部分を使い直角ができるように、幅2cm、長さ15cmで切り出す。切り出したものに定規を使って油性のボールペンでメモリを入れる。
つくったメモリをもうひとつの牛乳パックの内側に角を合わせてはり付ける。
雨の日に外に置き、1時間毎に雨量を記録し、降り止んだあとの雨量も記録しよう。

まとめ方

天気予報での「降水量」の予測と、実際の雨量を比較してみよう。「降水量」について図書館やインターネットなどで詳しく調べたり、記録した雨量と自分がそのときに感じた雨の強さなどを合わせてまとめたりするといいよ。夕立の雨の降り方や、1日中雨降りの日の降り方などを比較してみてもおもしろいよ。

雨量計をつくって気象観測をする