知りたい!子どもを勉強好きにする方法

「子どもを勉強好きにすることはできるのだろうか?」「効果的な勉強方法は?」といった悩みを持っている保護者のかたは少なくないでしょう。今回は、ベネッセ教育総合研究所の調査から見えたそんな悩みを解決する結果をご紹介します!

1年間で「勉強嫌い」が「勉強好き」に変わる子が1割

「うちの子の勉強嫌いは直らない」、そんなふうに諦めてしまっている保護者のかたも多いかもしれません。しかし、ベネッセ教育総合研究所が東京大学と共同で実施した調査ではそれを覆す結果が出ました。

【図1】小中高校生の「勉強の好き嫌い」の変化

小学1年生から高校3年生の子どもとその保護者を対象とした「子どもの生活と学びに関する親子調査」(同一の親子を2015年から毎年追跡)で、「あなたは『勉強』がどれくらい好きですか」と質問しました。その回答をみると、【図1】のように、2015年と2016年の1年間で勉強が「嫌いから好き」に変わった子が、小中高校生のいずれも1割程度いることがわかったのです。


【図2】小中学生の学習時間と成績の変化(「勉強の好き嫌い」の変化別)

さらに、【図2】を見ると、小中高生において勉強が「嫌いから好き」に変わった子は、他の子に比べて、学習時間(学校の宿題、学校の宿題以外の勉強、学習塾の時間の合計)が増加していました。
また、勉強が「嫌いから好き」に変わった子は、成績(自己評価)も、小学生で22.3%、中学生で26.8%、高校生で33.5%が「上がった」と回答しています。

「勉強嫌い」から「勉強好き」に変わる子どもの特徴は?

まず、勉強が「嫌いから好き」に変わった子は、どのような理由で勉強しているのかをみてみましょう。

【図3】小中高校生の勉強する理由(「勉強の好き嫌い」の変化別)

【図3】を見ると、勉強が「嫌いから好き」になった子と「嫌いなまま」の子で差がもっとも大きいのは、「新しいことを知るのがうれしいから」という内発的動機づけの項目です。
また、勉強が「嫌いから好き」になった子は、「自分の希望する高校や大学に進みたいから」や「友だちに負けたくないから」という回答の割合も高い結果となりました。勉強が「嫌いから好き」になった子はさまざまな動機づけで勉強していることがわかります。

「勉強好き」になるために効果的な勉強方法

次に、勉強が「嫌いから好き」に変わった子が行っている勉強方法を【図4】で確認してみましょう。

【図4】小中高校生の勉強方法(「勉強の好き嫌い」の変化別)

勉強が「嫌いから好き」に変わった子のほうが、「嫌いなまま」の子よりも行っているのは、「何が分かっていないか確かめながら勉強する」という方法で、小中高校生とも20ポイント以上の差がありました。
また、「くり返し書いて覚える」、「テストで間違えた問題をやり直す」「友だちと勉強を教えあう」などの勉強方法でも差がみられ、勉強が「嫌いから好き」に変わった子は、さまざまな学習方法を活用していることがわかります。

お子さまの「勉強嫌い」に悩まされている保護者のかたは、子どもが新しいことを知る楽しみを感じられるような経験や学習を大切にしたり、効果的な勉強方法を意識的に試してみたりしてはいかがでしょうか。「うちの子は勉強嫌いだから……」と諦めるのはまだ早いです!

出典元:
東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所共同研究「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」
http://berd.benesse.jp/shotouchutou/research/detail1.php?id=5095

教育のお役立ちコンテンツ

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A