夏休みの読書感想文・絵日記が「どうもイマイチ」対策法

小学生の夏休みの宿題といえば、絵日記と読書感想文が定番ですよね。中学年以上になっても手こずっている子どもが多く、保護者からも「なんとか完成したけど、仕上がりがイマイチで…」という声がよく聞かれます。今年こそ充実した仕上がりにするために、保護者はどのようなサポートをすればよいのでしょうか。

読書感想文があらすじだけになっている!!

読書感想文の失敗談としてよくあげられるのが、「あらすじを書くだけで終わってしまった」ということ。そんな失敗を回避するには、読書感想文を書く前に親子で本の内容についておしゃべりをして、子どもがどんなところに夢中になったのか聞き出してあげましょう。低学年なら1箇所でもよいです。その次に、「その部分を読んでどう思ったの?」といった質問を投げかけ、その理由や感じたことを引き出していきます。それらを書き留めたメモは、作文をまとめるための材料になります。低学年のうちは保護者が手伝ってあげてもかまいません。これをかたわらに置いて構成を考えれば、何を書くべきかが明確になっているため、スムーズにまとめられるはずですよ。

まとまりのある読書感想文にするための3つのポイント

1.本を読んでどんなことを感じたのかを書く

低学年であれば、書き出しは、「ぼくは『○○』という本を読みました」など、シンプルな文言でOKです。その次に、その本を読んでどう感じたかを続けて書きます。例えば、「初めて知ったところ」「(主人公や登場人物が)すごいと思ったところ」などです。

2.感じたことのもととなる、本に書いてある事実を書く

1のように感じたのはなぜか、引用あるいは要約で、本の内容を示しましょう。

3.感じたことの理由や言葉を素直な言葉でまとめる

2をうけて、主人公や登場人物の気持ちや行動と、自分の心情や体験を照らし合わせることができると、内容が深くなり、オリジナリティーのある読書感想文になります。そして最後に、本を読んだ結果、自分の生活にどう生かしたいかなどを入れると、上手にまとめることができます。

絵日記は「○○がおもしろかった」であとが続かない!!

絵日記に苦労している子どもは、「テーマがなかなか決まらない」「文章が膨らまない」といった悩みがあるようです。あとで読み返したときに、イキイキと思い出がよみがえるような絵日記にするには、まずテーマ設定が重要です。旅行など特別なイベントでなくても、子ども自身が印象的だった出来事を選ばせましょう。「大きなスイカを食べた」「餃子を一緒に作った」といった日常のささいな出来事でもOK。絵日記で大切なのは、子どもの心が動いた瞬間を、見たまま、感じたまま絵と文で表現することです。

子どもに、イヤイヤではなく、進んで取り組ませるには、読書感想文のときと同様に、子どもと会話をしてみましょう。保護者は絵や文章を評価するのではなく、「このときはどんな気持ちだったの?」「これはどんな味がしたの?」など、そのときの気持ちを思い出せるような質問をするのです。保護者が興味をもってくれているとわかれば、子どもは自ら進んで表現したくなるはず。また、そのときの気持ちを思い出し、文で補うべき情報を引き出すきっかけにもなります。

子どもの感性がきらりと光る絵日記にする3つのポイント

1.いちばんおもしろかったことを絵にする

テーマが決まったら、絵と文、得意な方を先にかいてかまいません。1日の流れを追うよりも、その日、特に印象に残った出来事、ひとつを取り上げましょう。うまく絵にできない場合は、写真を見せるなどしてイメージを膨らませてあげましょう。

2.「どこがスゴイと思ったの?」具体的に表現する

「スゴイと思いました」「おもしろかった」など素直に感じたことのあとに、どこが、どのようにといった具体的な一文を続けると、内容が立体的になります。

3.もうひとつ感じたことをつけ加えて

「楽しかった」「おもしろかった」で終わることの多い絵日記。もうひとつ、感じたことの理由をつけ加えることで、締めの表現が豊かな印象になります。例えば、スイカ割りをして楽しかったなら、「また来年もやりたいと思いました」「今度は友だちのAちゃんとやってみたいです」「割ったスイカで冷たいデザートを作りたいです」などです。

教育のお役立ちコンテンツ

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A