【お子さまが算数の勉強を嫌がる…そんな保護者のかたに】算数が好きな子どもの親はこんなサポートをしている!【前編】

 お子さまに算数をがんばってもらいたいけど、自分自身が不得意だったためサポートのしかたがわからない——。そんな保護者のかたは少なくないようです。どのような言葉や態度で支えてあげたら、子どもは算数を好きになってくれるのでしょうか。『算数ができる子の親がしていること』の著者である、幼児さんすう総合研究所代表の大迫ちあきさんにお話をうかがいました。


子どもは最初から算数が嫌いなわけではない

 算数(数学)に苦手意識をもっているお子さまは多いかもしれません。しかし、私が運営する算数教室に通うお子さまは、「算数は楽しい!」と口を揃えて話します。子どもにとって算数は、クイズやパズルのような「ゲーム」に近いものであり、最初から「難しい勉強」ではないのです。ところが、学年が上がるにつれて難易度が上がってつまずきやすくなり、嫌いな教科になってしまう子どももいます。

 

サッカーやバレーやピアノといった習い事でも、本当に上達したければ、辛い練習は欠かせません。それは、算数も一緒です。新しい問題を解けるようになるためには、一生懸命に勉強する必要があります。それでも、「好きこそ物の上手なれ」ということわざのとおり、算数が好きという気持ちさえ失わなければ、きっと乗り越えられます。保護者のかたは、「算数=難しい」「算数=特別なもの」という先入観をもたないようにしましょう。そして、お子さまが算数に対して好意的な感情をもてるように、フォローしてあげてください。

 

 

算数を勉強すると、どんな良いことがある?

 それでは、算数を勉強すると、どのような良いことがあるのでしょうか。算数や数学を通して身につく力は、大きく三つに分けられると考えています。

 

【論理的思考力】
文章題や証明問題を解くことで、筋道を立てて考える、仮説を考えて結果を導き出すといった、物事を論理的に思考する力が身につきます。

 

【コミュニケーション能力】
図や表を用いて自分の考えを相手に伝えたり、皆で話し合ったりすることで、人との関わり方が学べます。

 

【処理能力】
さまざまな情報やデータを分類して分析し、有用なものを適切に選択・活用する力が育ちます。

 

これらは、どれを取っても社会を生きていくうえで不可欠な力と言えるでしょう。
ひと昔前は、「文系だから数学は必要ない」といった言葉もよく聞かれました。しかし、現在は文理融合の時代であり、多くの仕事において文系・理系の両方の分野が混ざり合っています。グローバル化により英語の重要性が叫ばれていますが、それに負けないくらい、子どもの人生の可能性を広げてくれるのが算数という教科なのです。

 

 

算数の勉強を好きになるために…小1と小4の「壁」をいかに乗り越えるかがカギ

 算数は積み重ねの教科ですから、一つの単元がわからなっただけで、その後もズルズルと理解できなくなり、苦手教科となってしまいます。ですから、いかにつまずきを防ぐかがポイントとなります。

 

小学生のお子さまが算数につまずきやすい時期の一つは、小1です。幼児期には遊びながら数のお勉強をしていたのに、小学校に入るといきなり「3+2=5」など式だけになって、「おもしろくない」と感じやすいようです。

 

それでも、一桁の計算でつまずくケースは少ないですが、小1の2学期頃にくり上がりの計算に入ると、わからなくなる子どもが一気に増えます。一桁の計算は手の指を使って考えられますが、それ以上になると頭の中で計算する必要があるからです。「小1の壁」をクリアできるように、特に繰り上がりの計算が始まる時期は、お子さまの勉強をよくみてあげるようにしてください。「お母さんが(1~9の数字)を言ったら、合わせて10になる数字を答えてね」という「10の補数遊び」は、この時期の計算力を高めるのに有効です。

 

次に訪れるのは、「小4の壁」です。これは小4から内容が急に難しくなるのが原因です。計算では、小数や分数の計算が登場し、さらに図形の勉強が本格的に始まります。直方体や立方体、見取り図、展開図、垂直、並行といった言葉が次々と出てきて混乱しやすくなります。

 

小数や分数の計算は、ある程度、問題数をこなす必要がありますが、演習すれば必ずできるようになりますので、過度の心配は不要です。その際は、急いで答えを求めず、解答までの経過を大事にして考える力を育てるように心がけてください。

 

図形に関しては、幼い頃から積み木やパズルに親しむことで、感覚的にイメージする力が養われます。そうした感覚があまり育っておらず、空間把握力や図形認識力が不足しているお子さまは紙の上だけで解こうとせずに、積み木や模型など具体的な物を使って取り組むようにしましょう。次第に慣れて、頭の中でイメージできるようになるはずです。

 

【後編】では、保護者ができる具体的なサポートについてご説明します。

 

 

プロフィール

大迫ちあき

大迫ちあき

幼児さんすう総合研究所代表。公益財団法人日本数学協会認定数学コーチャー。東京・世田谷で算数教室「M&C Studyroom」を運営し、小学生・中学生に算数・数学を指導するほか、未就学児を対象とした幼児さんすうスクール「SPICA」を展開。日本数学検定協会認定資格「幼児さんすうインストラクター養成講座」の講師を務め、幼児算数指導者の育成にも力を入れている。著書に『算数ができる子の親がしていること』(PHP研究所)。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A