乳幼児がなりやすい砂かぶれ様皮膚炎って何?【前編】知っておきたい基礎知識

乳幼児がなりやすい皮膚炎の一つに、手のひらや足の裏に小さな赤いブツブツが多発する「砂かぶれ様皮膚炎」があります。砂にかぶれたように見えるため、このような名前で呼ばれていますが、原因はウイルス感染症という説が有力です。いったいどのような皮膚炎なのでしょうか。神奈川県立こども医療センター皮膚科部長の馬場直子先生に伺いました。



1歳をピークに、0歳後半~4歳でなりやすい

砂かぶれ様皮膚炎は、0歳後半~4歳児がなりやすく、1歳児で発症する割合が最も高くなっています。一度は経験したことのある子どもが大勢いる、一般的な皮膚炎です。砂かぶれ様皮膚炎というのは通称であり、正式には小児掌蹠丘疹性紅斑性皮膚炎(しょうに・しょうせき・きゅうしんせい・こうはんせい・ひふえん)といいます。

症状は、手のひらと足の裏に、1~2ミリの非常に細かい赤い丘疹がたくさんできて、次第にそれらがつながり、手のひらや足の裏の全体が真っ赤に腫れたようになっていきます。やがて腫れが引いていくと、薄皮がむけて、しわしわとなり、だんだんと治っていきます。その過程に約4週間と比較的長くかかるのが特徴です。

季節的には、5~6月をピークに春~初夏に発症がよく見られ、男女比は3:4で、女の子のほうがやや発症が多いようです。
手のひらと足の裏以外に、赤い丘疹ができることはほとんどありません。まれに、頬や口の周りに丘疹ができる場合もあります。また、発熱も伴わないほうが一般的で、出ても微熱です。治るまで1か月近くかかりますので、保護者のかたは心配になると思いますが、深刻な病気につながるような皮膚炎ではなく、後遺症もありません。



かゆみが強い時はステロイド軟膏などを

自然に治癒する良性の疾患で、治療は特にありません。しかし、かゆみがひどいのが特徴で、かゆくてしかたなく、夜、なかなか寝つけない場合もあります。自分でかいたり、手足を何かにこすりつけたりすると、患部に熱を持ってしまい、余計にかゆくなってしまいます。かゆみを抑えるためには、ステロイド軟膏(なんこう)などの炎症を抑える薬を塗るとよいでしょう。かゆみが引けば、かゆみによるストレスも収まっていきますし、そうすれば、遊びなどでほかに気を紛らわすこともできます。

また、薄皮がむけてかさかさしてきた時には、尿素軟膏や、ヘパリン類似物質(ヒルドイド)などを塗って保湿をします。良性の疾患ですから、保育園や幼稚園での生活には、何も支障はありません。炎症があまりにもひどい場合には、炎症を起こした手で遊具を触ったりすると、二次的に炎症が進んでしまうかもしれないので、外で遊ぶのは控えたほうがよいでしょう。



再発の心配はほぼなく、原因はウイルス説が有力

砂かぶれ様皮膚炎の原因としては、現在、ウイルス感染症が最も有力です。発症例が1歳児に多く、それがちょうど、公園で砂場遊びを始めるころであり、砂による刺激性の皮膚炎ではないかと考えられていたため、砂かぶれ様皮膚炎といわれていました。しかし、砂に触っていなくても同じ症状が出ること、また、一度発症すると、ほぼ再発しないことなどから、ウイルス感染症ではないかと考えられるようになりました。
接触性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎であれば、砂などに触った部分にだけ発症しますが、赤い丘疹は手のひら、足の裏にほぼ均等に発症することからも、ウイルスが原因だと考えられます。

かゆがるお子さまを見るとどうにかしてあげたいと思うかもしれませんが、赤い丘疹をなくすような根本的な治療法は現段階ではわからず、かゆみを抑えるための対処療法しかありません。自然に治るのを待ちましょう。

プロフィール

馬場直子

馬場直子

神奈川県立こども医療センター皮膚科部長。滋賀医科大学医学部卒業。横浜市立大学医学部皮膚科、横須賀共済病院皮膚科勤務などを経て1994年より神奈川県立こども医療センター皮膚科医長。2002年から現職。横浜市立大学皮膚科非常勤講師を兼任。

できた!がつくる、できる!の自信

<こどもちゃれんじ>では、年齢や発達に合った教材に挑戦していくことで、「できた!」体験を積み重ねていくように設計されています。幼児向けのお子さまの年齢・発達に合った教材をお届けする〈こどもちゃれんじ〉で親子で遊べるDVDやグッズもたくさん!集中して楽しむお子さまの目の輝きをぜひお確かめください。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A